Entries

韓国のいいがかりはこれを見れば一目瞭然でわかる、という本。水間政憲『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』

どうも。同じアパートの住人に挨拶しても返事がもらえない馬頭です。
今日は部屋を出たら隣の部屋の人が廊下にいたのでモロに挨拶したんですがガン無視でした。なんなんだろ。やっぱ夜中までテレビ見てたりしてるのがうるさいのかな? あ、夜中に奇声をあげたりしてるのが?(ぇ

それはともかく。

水間政憲『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』

『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』

(水間政憲。PHP。2013年。1500円。143ページ)


昔の末期朝鮮あたりの時代と「日韓併合(日韓合邦)」後の朝鮮半島の様子を写真で見て、その変わりようを確認しつつ、日本がいい状態に激変させた、ということを語る本です。

作者さんは、韓国併合によって半島が植民地化されて韓国人が抑圧されて酷い目にあった、とかなんとか韓国人及び一部の日本人にさんざんに言われてるのが腹に据えかねたのか、李氏朝鮮時代の後進国っぷりとそれを日本が莫大な費用と手間をかけて発展させて近代的にさせたということを、「写真とか見りゃ一目瞭然だろ。どうだっ!」て感じで見せてくれます。日韓併合についても、朝鮮人側から要求されて合体したんだ、っていうどうとでもなりそうな証拠の文書を載せています。
まあ、本格的な研究者とかじゃない人が書いたので、それなりの本で、内容はちょっと羅列的な感じがします。せめて章立てくらいしてほしかった。使われている写真も「日本地理風俗体系」や「朝鮮事情」「朝鮮の都市」「半島の近影」などからの抜粋です。別にそこらへんは悪くないんですが、文章がちょっとこなれてない感じで、誰か内容の打ち合わせとか校正くらいはしてあげればいいのにとは思った。
あ、あと、朝日新聞といえば今やどこの国の新聞だかわかんないアレですが、昔は軍部べったりで朝鮮半島で新聞出して日本の朝鮮支配を賛美称揚する記事をたくさん書いてるし、今、朝日新聞が言っていることと正反対のことを昔書いてたぞ、というのを新聞の切り抜きを載せて紹介しています。よほど朝日が嫌いなんだろうなー、この人。実際、そういう本をいくつか出してます。
まあ、たしかに「え、そんなこと言われてもなー」という程度の主張とか、ツッコミどころはいろいろありますが、そう言いたい気持ちもわからんではないですし、とりあえずおもしろかったです。中朝韓あたりが言いまくってるなんでも日本のせい発言をそのまま信じちゃってる人なんかには、写真で見せれてインパクトあるんじゃないでしょうか?

参照サイト
PHP研究所 PHP INTERFACE
http://www.php.co.jp
韓国併合(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88
日本統治時代の朝鮮(Wikipedia)こっちの方がもうちょい情報がちゃんとしてる・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE

関連記事
鎖国してたはずだけど朝鮮に500人もの日本人が・・・。田代和生『倭館 鎖国時代の日本人町』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1649.html
慶長の役で捕まった朝鮮人官僚が見た日本の詳細。姜沆『看羊録―朝鮮儒者の日本抑留記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1589.html
儒教でガチガチの朝鮮がヨーロッパのものをどう扱い、歴史にどう影響したかが分かる本。姜在彦『西洋と朝鮮 異文化の出会いと格闘の歴史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1269.html
朝鮮通信使を通じての日朝の交流と相手への視点を探る。三宅英利『近世の日本と朝鮮』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1256.html
昔の来日外国人といえば、これがあったのを忘れてた! 姜在彦『朝鮮通信使がみた日本』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1253.html
女性だけの戦艦に乗った少年は戦いの真っ只中に身を置いて・・・。野上武志&鈴木貴昭『蒼海の世紀 王子と乙女と海援隊』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-898.html



「日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)」
「歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫)」
「朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫) 」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる