Entries

平和を守るため徳川と豊臣の和解へ向けて動く織部たちだったが・・・。山田芳裕『へうげもの』第17巻

どうも。馬頭です。
今週末は鉢形城に行く予定なんですが、思ったよりも遠い・・・。乗り換えの時の待ち時間が長いのがもったいないなぁ。

それはともかく。

へうげもの第17巻_山田芳裕

『へうげもの(ひょうげもの)』第17巻(17服)

(山田芳裕。講談社。モーニングKC。2013年。552円。)
「緊張高まる徳川と豊臣の関係を和解させようと、家康と茶々の仲を取り持とうとする織部たち穏健派。しかし、体調不良の家康を見て未だ野心を燃やす伊達政宗をはじめとした諸将の動きがあった・・・」


織部焼の創始者で、戦国時代の武将にして文化人・古田織部が主人公の漫画の第17巻です。

乱世が終わり、やっと平和な世がやってきたというのに、まだまだ野望を持った人間がウヨウヨいるわけでして、古田織部の多方面における活動も、上手くいってはいるけど、抑えきれてるわけじゃない感じですね。あ、でも公家の面々に激辛なカレーを喰わせるとは、織部はやることが違うwww
それはともかく、伊達政宗ら東北の諸将の危険、傾奇者たちの不穏な動き、そして、幕府の財務を預かる大久保長安の大胆なまでの策謀。最後の大久保の行動などは特に吃驚しました。
ひと波乱は確実な感じですが、その中で古田織部はどういう役目を担うことになるんでしょうね〜

参照サイト
へうげものofficial blog
http://hyouge.exblog.jp/
モーニング 講談社
http://www.e-1day.jp/morning/magazine/
NHKアニメワールド 「へうげもの」
http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/
元屋敷窯跡 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E5%85%83%E5%B1%8B%E6%95%B7%E7%AA%AF%E8%B7%A1
大久保長安(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E9%95%B7%E5%AE%89
高麗茶碗(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E8%8C%B6%E7%A2%97
板倉勝重(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E5%80%89%E5%8B%9D%E9%87%8D
織田頼長(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E9%A0%BC%E9%95%B7
駿府城(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%BF%E5%BA%9C%E5%9F%8E
林羅山(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E7%BE%85%E5%B1%B1
菩提僊那(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%A9%E6%8F%90%E5%83%8A%E9%82%A3

関連記事
関が原後も残った徳川と豊臣の危険な対立の中で古田織部は・・・。山田芳裕『へうげもの』第16巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1471.html
関ヶ原の戦いの中でもひょうげまくりの戦国武将たち! 山田芳裕『へうげもの』第15巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1286.html
上杉討伐のため東へと向かう家康。古田は佐竹の説得を頼まれるが・・・。山田芳裕『へうげもの』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1143.html
太閤・秀吉亡きあと、古田は石田と徳川の両方と器用に付き合っていくのだが・・・。山田芳裕『へうげもの』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-921.html
戦国時代の武将たちがマニア道を命がけで語るひょうげた漫画『へうげもの』は最高のかぶき者漫画
http://xwablog.exblog.jp/7239549
切腹を命ぜられ死に臨んでもなお、茶道を貫く茶鬼・利休に対し、古田は・・・。山田芳裕『へうげもの』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-140.html
天下一となった母・阿国。しかし労咳によって菊を置いて死んでしまい・・・。下元智絵『かぶき姫 -天下一の女-』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1453.html
命がけでお茶を飲む。生き様としての茶道を貫いた大名たち。西崎泰正&工藤かずや『闘茶大名 利休七哲』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1372.html
まさか兄の弥次郎と再会することになるとは・・・。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1505.html



「キルラキル 本能寺学園極制服 三つ星 Tシャツ ホワイト サイズ:L」これ、本能字学園じゃなかったっけ?
「渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か (角川選書) 」
「中国、1900年―義和団運動の光芒 (中公新書)」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる