Entries

日露戦争を戦った日本の騎兵将校のもとへウクライナ・コサックの美少女がやってきて・・・。芝村裕吏『遙か凍土のカナン』第1巻 公女将軍のお付き

どうも。最近はPS3を蹴っ飛ばしてtorneの録画を失敗させてしまうことが多い馬頭です。
てか、USBのコネクタがちょっとズレただけで録画停止とかやめて欲しい。

それはともかく。

芝村裕吏『遙か凍土のカナン』第1巻 公女将軍のお付き

『遙か凍土のカナン』第1巻 公女将軍のお付き

(芝村裕吏。星海社。星海社FICTIONS シ 1-6。2013年。1250円。286ページ。イラスト/しずまよしのり)
「20世紀初頭。日露戦争に参加した騎兵将校の新田良造大尉は、戦後一年ほど経った頃、戦った相手であるロシアより何故か叙勲されることになった。そんな彼のもとに帝政ロシアから金髪碧眼の美少女・オレーナがやってくる。彼女は新田に没落したウクライナ・コサックの復興を託すため、結婚するつもりでやってきたのだった。だが、そのことは日本の内務省に利用され、新田はなんの因果か極東にコサックの国を作るよう協力することになってしまい・・・」


「高機動幻想ガンパレード・マーチ」などのゲームデザイナーとして特に知られる芝村裕吏氏ですが、最近は小説の「マージナル・オペレーション」なんかも知られていますね。その芝村氏が新しく書き始めたシリーズ「遙か凍土(とうど)のカナン」の第1巻が発売になりました。

日露戦争で戦った騎兵将校・新田良造が、とある奇縁からウクライナ・コサックの実家の復興を願う美少女に助けを求められ、一緒に極東にコサックの国家を建設することになる話です。
かなり調べて書いているらしく、明治末期の時代背景を巧みに描写しつつ、前半では日露戦争の黒溝台会戦を、後半ではおしかけ金髪碧眼美少女との異文化交流イチャコラ(語弊のある言い方)を描いています。
漫画版の方の「マージナル・オペレーション」は読んでましたが、よもやこんな有名な作家さんがコサックものをやるとは思いませんでした。
前半の黒溝台会戦の描写は戦争モノの小説では久々に引きこまれましたし、後半の少女オレーナとのやり取りも微笑ましく楽しませていただきました。
1巻ではまだ日本から出発したばかりのところですが、いきなり血なまぐさい展開などもあり、二人の道行きはなかなか大変そうですよ。これ、最終的には極東ウクライナ共和国とか、そういう話にまでなってくのかな?

日本だとコサック関連の資料はいろいろ問題のあるものばかりで大変でしょうが、洋書にまで手を出して気合入ってるみたいなので、ぜひとも「コサック」というものを知らしめてほしいものです。

これ、書き下ろし作品ですが、星海社のサイト「最前線」で、二章の黒溝台決戦まで読めます。

あ、なんか久々に「Cossacks」やりたくなってきました。

クロパトキンって、プスコフ出身なのか。父親が退役軍人ならわからないけど、あのあたりが実家ならバルト系の血とか入ってたりするのかな。

参照サイト
芝村裕吏 (siva_yuri) on Twitter
https://twitter.com/siva_yuri
遙か凍土のカナン 最前線 星海社
http://sai-zen-sen.jp/fictions/harukana/
コサック(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF
ウクライナ・コサック(Wikipedia)(てか、ウィキペディアのウクライナ関連記事をウクライナの自国優先主義の粘着編集者が偏った記事にしちゃう問題は、いつになったら解決するんだ・・・。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF
黒溝台会戦(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%BA%9D%E5%8F%B0%E4%BC%9A%E6%88%A6
アレクセイ・クロパトキン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%B3
緑ウクライナ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A

関連記事
秋山真之の物語をメインに明治の日本の状況を描く漫画。江川達也『日露戦争物語 天気晴朗ナレドモ波高シ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-512.html
旅順での戦いで秋山好古が活躍する! 日清戦争終結までを描く。江川達也『日露戦争物語 天気晴朗ナレドモ波高シ』第22巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1032.html
日露戦争を勝利に導いた英雄たち。沖一&高貫布一&日露戦争戦術研究会『漫画で読む日露戦争英雄伝』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-464.html
外務省の元駐ウクライナ大使が書いたウクライナ略史本。黒川祐次『物語 ウクライナの歴史 ヨーロッパ最後の大国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-114.html
同郷の清水の死が正岡子規に決意させる・・・。橋本届『マイデイア 正岡子規と秋山真之』下巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1494.html
近世ロシア社会の実像を探る論文集。土肥恒之『ロシア社会史の世界』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-541.html
歴史的に繋がりの深い地域をまとめた一冊。山川出版社『新版 世界各国史20 ポーランド・ウクライナ・バルト史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-514.html
ナポレオン戦争を再現する。RTSの傑作『Cossacks II(コサックス2)』。仏軍敗ってクトゥーゾフ気取りさ。
http://xwablog.exblog.jp/7494868



「マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS シ 1-5)」
「ウクライナの発見 〔ポーランド文学・美術の19世紀〕」
「コサックス ~ゴールドエディション~ 日本語版 [ダウンロード]」



このブログのトップページへ →デジタル・クワルナフ HPのトップへ  →web拍手・コメントはこちらへweb拍手レスまとめページはこちらへ  →Twitter(matou_twi)はこちらへ

遥か凍土のカナン



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる