Entries

遣米使節団、アメリカにて思いもよらない大歓迎を受ける。みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』第23巻

どうも。馬頭です。
もうコミケははじまっているというのに、いまだにこの段階で「艦これ」のことが全然わかっていなくて、置いてけぼり感が凄い。とりあえず赤城が食いしん坊キャラなのだけは把握しているのだが、これだけでこの冬を乗りきれるかどうか・・・

それはともかく。

風雲児たち_幕末編_第23巻_みなもと太郎

『風雲児たち 幕末編』第23巻

(みなもと太郎。リイド社。SPコミックス。2013年。552円。210ページ)
「困難の果てにサンフランシスコに到着した日本の遣米使節団一行は、奇妙な来訪者としてアメリカ人から大変な歓迎を受けることになった。その反応に戸惑うとともに、異国の異なる風習と文明に驚く日本人たち。それはパナマ地峡を通り、東海岸へと到着してからも続くのだが・・・」


「風雲児たち」幕末編の23巻目です。アメリカに到着した咸臨丸とポーハタン号の万延遣米使節団の面々が、大歓迎を受ける話です。

ここらへんの話は、「幕末遣外使節物語 夷狄の国へ」ですでに読んでた話が多かったのですが、しょーもない話とかも交えて面白く描いてあります。
各地で大歓迎を受ける使節団は、異国の科学力や風俗に驚くとともに、いろいろ学んで帰ってきます。あ、目的のひとつであった金の交換率のことは失敗というか交渉以前の問題だったので、しょうがないかと。
そして、帰国したらしたで、行ってる間に桜田門外の変で大老・井伊直弼が殺されるという大事件が起きてて吃驚という・・・。

この巻はほとんど遣米使節団のこと。勝海舟たちは帰国してますが、村垣たち大西洋インド洋周りの一行はまだ日本に到着していません。もしかして、次の巻ではマラッカでの話とかやるのかな?

参照サイト
風雲児たち長屋
http://www.fuunji.net/
リイド社
http://www.leed.co.jp/
万延元年遣米使節(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%BB%B6%E5%85%83%E5%B9%B4%E9%81%A3%E7%B1%B3%E4%BD%BF%E7%AF%80
新見正興(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%A6%8B%E6%AD%A3%E8%88%88
村垣範正(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%9E%A3%E7%AF%84%E6%AD%A3
幕末の通貨問題(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%95%E6%9C%AB%E3%81%AE%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C
立石斧次郎(コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E7%AB%8B%E7%9F%B3%E6%96%A7%E6%AC%A1%E9%83%8E
ジェームズ・ブキャナン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%B3
木村芥舟(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%8A%A5%E8%88%9F
新門辰五郎(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%96%80%E8%BE%B0%E4%BA%94%E9%83%8E

関連記事
幕末に欧米を見て来た侍たちの様子が面白い。尾佐竹猛『幕末遣外使節物語 夷狄の国へ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-358.html
桜田門外の変における目論見は不発に終わる。その頃遣米使節団は訪米を果たし・・・。みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』第22巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1560.html
幕末に活躍した不遇の英傑を主人公にした漫画。木村直巳『天涯の武士 幕臣 小栗上野介』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-364.html
薩摩藩では一蔵が精忠組を抑えることに成功するが、水戸藩では勅許のことで大騒動となっていき・・・。みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』第20巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1199.html
幕臣たちの知られざる風習・慣習と意外な江戸幕府の一面。氏家幹人『旗本御家人 驚きの幕臣社会の真実』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1597.html
維新の時代に生きた男たちの固定イメージをバッサリ斬る! 西尾鉄也&押井守『わんわん明治維新』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1545.html
安藤信正の生涯を描く非売品漫画。石山揚子『マンガ「いわきの歴史から」安藤信正の時代』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1459.html



「カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史」
「ジパング 深蒼海流」第4巻。
「白の団と黒い王子」下巻。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる