Entries

残念ながらこの号で休刊。連載作品は一部は別雑誌へ移籍。『サムライエース(SAMURAI A)』2014年 vol.10

どうも。休みの日だといつ寝ていいのかわからなくなってくる馬頭です。
休日なのに常に寝不足だという・・・

それはともかく。年末は忙しくて読めなかったこれです。

『サムライエース(SAMURAI A)』2014年 vol.10

『サムライエース(SAMURAI A)』2014年 vol.10
(ヤングエース2014年2月号増刊)
(角川書店。2013年。630円。535ページ)
冲方丁&三宅乱丈「光圀伝」
安彦良和「ヤマトタケル -倭武尊-」
夢枕獏&大西実生子「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す」
福井晴敏&武喜仁「人類資金」
小池一夫&皇なつき「夢源氏剣祭文」
鈴木小波「ホクサイと飯」
デビッド・宮原&下元智絵「シャウト 〜新選組」
大塚英志&谷岡曜子「死舞能」
槇えびし「朱黒の仁」
須賀しのぶ&梶原にき「芙蓉千里」
たかぎ七彦「元寇合戦記 アンゴルモア」
黒百合姫&風野真知雄「妻は、くノ一」
吉川景都「子どもと十字架 天正遣欧少年使節」
堤芳貞「弦月に哭く 伊達政宗於慶長出羽合戦」


日本史メインの歴史系漫画雑誌「サムライエース」の第10号です。なんと、この号で休刊となってしまいました。

まあ、創刊した時から、こんな無茶な雑誌が長くは続かないだろうなー、という感じはしてましたが、思ったよりか早かったwww
いい雑誌だったとは思いますよ。残念ですが、しょうがない。
で、連載していた作品についてですが、だいたいの作品は他の雑誌に移るようです。何に移るかは未定のものがほとんどでしたが。
この号に載っている話で、終了となるものは「ホクサイと飯」「死舞能」「シャウト 〜新選組」「子どもと十字架 天正遣欧少年使節」「芙蓉千里」です。歴史モノかどうかはともかくとして、「ホクサイと飯」は特に大好きだったので残念。

今回、残念な休刊となりましたが、これに凝りずにまた歴史系の雑誌を出してくれることを願います。

参照サイト
サムライエース | 角川書店
http://www.kadokawa.co.jp/samuraia/
ヤマトタケル(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%AB
徳川光圀(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%85%89%E5%9C%80
空海(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7
ぶらりずむ黙契録(冲方丁)
http://towubukata.blogspot.jp/
キャサリン (吉川景都)
http://coliderark.moo.jp/
パコキリン(鈴木小波)
http://members.jcom.home.ne.jp/sazanami22/
223khz(堤芳貞)
http://t-2.vis.ne.jp/
アンゴルモア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%82%A2
元寇(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%AF%87
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E
山川浩(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B7%9D%E6%B5%A9

関連記事
山川大蔵が主人公のと元寇もののふたつの新連載が開始。『サムライエース(SAMURAI A)』2013年 vol.5
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1489.html
新連載は大河ドラマに合わせての「八重の桜」の変則的コミカライズ。『サムライエース(SAMURAI A)』2013年 vol.4
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1431.html
堤芳貞が描く伊達政宗が連載開始。他のもどんどん面白くなってきました。『サムライエース(SAMURAI A)』2012年 vol.3
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1394.html
安彦良和の「ヤマトタケル」も連載開始。『サムライエース(SAMURAI A)』2012年 vol.2
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1315.html
日本史メインの歴史漫画雑誌創刊! 『サムライエース(SAMURAI A)』2012年 vol.1(2012年8月号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1252.html
武士として戦う場所を求め大坂の陣に真田幸村が参戦する・・・! 槇えびし『朱黒の仁』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1248.html
日本神話の世界と古代日本史を壮大な空想で繋ぐシリーズ。安彦良和『古事記 巻之一 ナムジ 大国主』全5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-249.html
韓国が舞台の珍しい元寇ものの漫画。久松文雄&李學仁(イ・ハギン)『武と魂』第1巻

http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-435.html
ヤマトタケルの活躍がコミカルに描かれる。ゆうきまさみ『ヤマトタケルの冒険』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1617.html
イラストを多用して魅せる娯楽性の高い歴史雑誌が創刊! 『歴史魂 REKIDAMA(れきだま)』Vol.1(2011年1月号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-672.html



「古事記巻之二 完全版 神武 参 (カドカワコミックス・エース)」
「BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”」。「走る民」ララムリこと、メキシコの先住民族タラウマラ族と走る話。
「現代語訳 榎本武揚 シベリア日記 (平凡社ライブラリー)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる