Entries

兵法を駆使して戦国時代を生き抜く黒田官兵衛の活躍を描く。平田弘史『黒田・三十六計』第1巻から6巻

こんばんは。新しいメガネを買ってきた馬頭です。
まあ、出来上がるのは二週間後なんですが、これでやっとユルユルになってしまったメガネともおさらばです。フレーム部分を何度も曲げすぎて、もう次直そうとしても折れるかも、というレベルまで劣化してるので、買い直すしかなかったので。4年振りに視力測ったけど、意外にも落ちてないようなのでよかった。

それはともかく。

平田弘史『黒田・三十六計』第1巻

『黒田・三十六計』第1巻

(平田弘史。リイド社。SPコミックス 時代劇シリーズ。2003年。880円。196ページ)
「戦国時代。各地を放浪していた武家の黒田重隆とその一家は、播磨・姫路で薬売りをして財をなし、地元の有力者・小寺家に仕えるようになる。それから二十数年、重隆の孫・黒田官兵衛は、新参者の家臣として小寺政職の近習となるが、知謀はあれど古参家臣たちの信頼を得ることはできず・・・」


NHKでは大河ドラマで「軍師官兵衛」をやってるそうですが、自分的に黒田官兵衛(黒田如水)というと、この平田弘史氏の「黒田・三十六計」ですね!

黒田家が祖父の代に播磨に来たところからはじまり、その才覚によって姫路の領主となっていくのですが、話のメインの部分は黒田官兵衛が青年になってからはじまります。
才気走る青年となっていた官兵衛は、頭は回りますが、策が先走って、人の心の動きを無視した言動などで、はじめのうちは手ひどい失態を見せることになってしまいます。そこから落ちぶれ自暴自棄になったりもするのですが、黒田家に仕える技術者集団の家臣らの助けもあり、覚悟を決めて奮起することに。黒田家は小寺家の新参者の家系として難しい立場でなかなか思うようにはいかないのですが、汚いこともしつつお家を盛り立てていきます。


平田弘史『黒田・三十六計』第2巻平田弘史『黒田・三十六計』第3巻平田弘史『黒田・三十六計』第4巻平田弘史『黒田・三十六計』第5巻平田弘史『黒田・三十六計』第6巻

2巻〜6巻

各章が黒田家に伝わる兵法を題材にしていて、ひとつひとつ、その策略で問題を解決していくことになります。
黒田官兵衛は、ひょんなことから勢いのある織田家と関わりを持ち、小寺・織田、両家に対して仕えるような感じになっていくのですが、はじめは竹中半兵衛と親しくなり、後から羽柴秀吉を上に付けられます。秀吉との関係が、結構ドライというのは珍しい。秀吉がそれほど凄い人物としては描かれていないのは、今後の官兵衛の活躍を引き立てるためかも。
黒田官兵衛を凄い天才のような描き方をしないで、苦悩し失敗もしながら、徐々に大成していく姿を描く作品で、清廉潔白という感じでもないのが逆にいい味を出しています。面白い。



実は現在、6巻までしか持っていないのですが、7・8巻は中古で高くなってしまってて、Kindleで買った方が安いので、どうするか思案中。途中から電子書籍ってのもなぁ・・・


参照サイト
株式会社リイド社
http://www.leed.co.jp
平田弘史HPテレシネ映写機 他
http://www2.wbs.ne.jp/~tesh/
黒田重隆(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E9%87%8D%E9%9A%86
黒田職隆(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E8%81%B7%E9%9A%86
黒田孝高(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%AD%9D%E9%AB%98
小寺政職(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AF%BA%E6%94%BF%E8%81%B7
黒田二十四騎(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E9%A8%8E
有岡城の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%B2%A1%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
広峯神社(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%AF%E7%A5%9E%E7%A4%BE
御師(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%B8%AB
目薬(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E8%96%AC
軍師(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E5%B8%AB
兵法三十六計(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E6%B3%95%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E8%A8%88

関連記事
播州人たちの気骨ある反逆に織田家がゆらぐ・・・。宮下英樹『センゴク 天正記』第10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-765.html
天才軍師・竹中半兵衛との別れの時が・・・。宮下英樹『センゴク 天正記』第11巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-937.html
我に七難八苦を与えたまえ、と誓った武将のめげることなき戦い。おやまだみむ『山中鹿介物語 尼子再興記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-677.html
江戸時代はじめの緊張した政治状況の中で細川家は・・・。山本博文『江戸城の宮廷政治 熊本藩細川忠興・忠利父子の往復書状』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1588.html
軍師と将軍がペアになって戦う! 郭嘉が主人公の三国志漫画。緒里たばさ『王者の遊戯』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1405.html
武田家で軍師として活躍した山本勘助の意外な結末。佐藤ヒロシ&南原幹雄『山本勘助』全2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1389.html
呉国にやってきた孫武が登用されるまでの話。ももなり高『孫子』第1巻 孫武の巻
http://xwablog.exblog.jp/10103428/



「軍師 黒田官兵衛伝」第1巻。「信長の忍び」の重野なおき氏の作品。
「ローマ帝国大図鑑」
「図説世界史を変えた50の機械」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる