Entries

1959年にウラル山脈で起きた謎多き事件を追う大学生たちが遭遇したのは・・・。レニー・ハーリン監督『ディアトロフ・インシデント』

どうも。馬頭です。なんか今日は暖かかったですね〜

それはともかく。

レニー・ハーリン監督『ディアトロフ・インシデント』

『ディアトロフ・インシデント』

(監督/レニー・ハーリン。アメリカ・イギリス・ロシア映画。2012年。100分。出演/ホリー・ゴス、マット・ストーキー、ルーク・オルブライト、ライアン・ホーリー、ジェマ・アトキンソン、ニコライ・ブーテニン、ネリー・ニールセン、バレリー・フェドロヴィッチ、ほか。)
「オレゴン大学の心理学科の学生ホリーは、教授から50年以上前に起こった謎多き遭難事件『ディアトロフ峠事件』について課題を出され、映画学科の学生らと協力してドキュメンタリー映画を作ることになった。ロシアに渡ったホリーら学生五人は、ウラル山脈にある事件現場まで行くのだが、不可解な出来事が次々と起こり・・・」


1959年に起きた「ディアトロフ峠事件」を題材にしたミステリーホラー映画です。監督は「クリフハンガー」「ダイ・ハード2」「カットスロート・アイランド」、それに南オセチア紛争を題材にした「5デイズ」を撮ったレニー・ハーリン監督。原題は「THE DYATLOV PASS INCIDENT」。PASSを何故抜いた・・・。

この映画では、アメリカの大学生五人が、ディアトロフ峠事件を追って現地まで行ったらエライ目に遭ってしまいます。
内容についてはあまり言わない方がいいのですが、大雑把に言うとXファイル系というかブレアウィッチ系というか、そんな感じの超常現象モノの作品。そういう作品だとは思ってなかったのですが、観てみたらなかなか面白い作品で良かったです。ただ、自分はカメラが動きまくるハンディカム撮影的な映像はキモくなるので苦手なので、一部のそういう場面は辛かったです。映画としては、途中のドキドキ感も、最後の締め方も良く、別にロシアどうこうは関係なく楽しめました。
ちなみに、予告編の映像だと見せすぎててネタバレみたいになってますので、予告は観ないほうがいいんじゃないかと。

ネタになっている「ディアトロフ峠事件」は1959年にソビエト連邦時代のウラル山脈で実際に起きた遭難事件。雪山に登った9人が奇妙な死に方をした謎の多い事件です。起こった場所がウラル山脈の北の方、スヴェルドロフスク州のホラート・シャフイル山(作中では「コーラットサイキール」としています)で、マンシ語で「死の山」と呼ばれる山。その時の登山チームのリーダーがディアトロフという人だったので、そう呼ばれます。
死に方が奇妙ってのは、なぜかテントから着の身着のまま出て凍死したり、骨折してたり舌が切り取られてたりして死んでいたというもの。あまりに不自然なので、陰謀説とか超常現象説とかもあるそうです。
ちなみに作中でマンシ族のことを「マンツィ族」って言ってますが、英語だとそう読むのかな。マンシ族の男性が弓を持って面白い風よけみたいなのを着けた昔の写真が一瞬映ってたりします。
主人公たちは、モスクワ、チェリャビンスク経由でイブデリに行って、そこから山に向かいますが、これ、なんでチェリャビンスク経由なんでしょうね。エカテリンブルグの方が近いのに。鉄道の路線の関係なのかな。
これ、雄大な大自然の雪景色の中での撮影ですが、メイキング見たら実際にはウラル山脈ではなく、ムルマンスク近くのキロフスクで撮影したみたいです。そういや、レニー・ハーリン監督は、フィンランド出身なんですよね。
監督は今年「The Legend of Hercules」というヘラクレスが主人公の映画を撮ったらしい。酷評されてるらしいけど、ちょっと気になる。

参照サイト
ディアトロフ・インシデント 公式サイト
http://www.albatros-film.com/movie/dyatlov-incident/
ディアトロフ・インシデント(2012)(all cinema)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=346345
ディアトロフ峠事件(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E5%B3%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ウラル山脈(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E5%B1%B1%E8%84%88
Холатчахль(Wikipediaロシア語版)
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%A5%D0%BE%D0%BB%D0%B0%D1%82%D1%87%D0%B0%D1%85%D0%BB%D1%8C
Манси(Wikipediaロシア語版)
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9C%D0%B0%D0%BD%D1%81%D0%B8

関連記事
ヴォルガ・ブルガール史で見えてくる周辺地域との繋がり。梅田良忠氏『ヴォルガ・ブルガール史の研究』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1207.html
10世紀にヴォルガ川中流の国へと向かった使節団の苦難の報告書。イブン・ファドラーン『ヴォルガ・ブルガール旅行記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-198.html
ヤロスラフ1世を主人公にしたロシア映画。『バトル・キングダム 宿命の戦士たち』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1024.html
ヴァイキングの国を別惑星の凶悪生物が襲う!! ハワード・マケイン監督『アウトランダー(OUTLANDER)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-713.html
戦前のアルプスで起きた若きドイツ人登山家たちの挑戦。フィリップ・シュテルツ監督『アイガー北壁』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-618.html
山に生きる男の渇望と相克。作/夢枕獏&画/谷口ジロー『神々の山嶺(いただき)』全5巻
http://xwablog.exblog.jp/9429177



「オーガストウォーズ」Blu-ray版。
「スモレンスクからの脱獄」DVD版。
「花咲ける騎士道 スペシャル・エディション 」DVD。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる