Entries

南オセチア紛争に巻き込まれた息子を捜して母親が戦火の中を彷徨う・・・。ロシア映画『オーガストウォーズ』

どうも。馬頭です。
雪降りましたよ。昨日の暖かさはなんだったんですかね。

それはともかく。

ロシア映画『オーガストウォーズ』ジャニック・ファイジエフ監督

『オーガストウォーズ』

(監督/ジャニック・ファイジエフ。ロシア映画。出演/スヴェトラーナ・イワノーワ、マクシム・マトヴェーエフ、ユゴール・ベロエフ、アルチョム・ファディエフ、アレクセイ・グシュコフ、アレクサンドル・オレシコ、ほか。2013年。132分。)
「2008年夏。モスクワに暮らす空想がちの少年チョーマは、離婚して別れて暮らしている父親ザウールの住む南オセチア自治州・ツヒンヴァリへと遊びに行く。その直後の8月8日、突如としてオセチアへとグルジア軍が攻め寄せ、南オセチア紛争がはじまってしまう。新しい恋人エゴールとの逢瀬のために、息子チョーマを送り出した母親クセーニアだったが、この事態にチョーマを連れ戻すため自らツヒンヴァリへと向かうのだった。しかし、クセーニアの乗る町へと向かうバスが襲撃を受け・・・」


2008年の南オセチア紛争を題材に、離れ離れになってしまった母子の苦難を描くロシア映画です。原題は「Август. Восьмого(八月八日)」。南オセチア紛争の別名が「8月戦争」だからこの邦題なんでしょうが、なんか勘違いさせそうなタイトルだな。

離婚した夫のもとへ遊びに行った息子チョーマが、突然はじまってしまった南オセチア紛争に巻き込まれて、行方不明になってしまったため、母親クセーニアは単身南オセチアへと行き、彼女も戦いに巻き込まれて戦火の中を彷徨うことになってしまいます。
事前情報では、南オセチア紛争なのになぜかロボットが登場するということで、観る前はどんなトンデモSFアクションかと思ってましたが、全然そういうのじゃなかったです。話そのものはしごく全うなもので、ロボットやら何やらは、妄想癖のある少年チョーマが、お気に入りのロボットもののお話に自分を重ねあわせていろいろ妄想するシーンで登場します。
息子のために無茶もしつつ駆けずり回る母親クセーニアが主人公の話で、息子は現実逃避の妄想をしますが何か活躍したりするわけではありません。クセーニアは爆撃される街中を逃げまわったり、ロシア軍に同行して戦闘に巻き込まれたり、ひとりでグルジア軍勢力圏へと潜入したりと、息子のために突き進みます。

いやー、この映画、ほんと面白かったです。シンプルな筋ではありますが、紛争の経緯を描き出しつつ、母の奮闘と人びとの助力が織りなすドラマ、そして現実を投影した少年の妄想の映像を上手く絡めて物語を作ってあります。映像的にも面白いし、ハリウッド映画に遜色ないレベルの映画です。(まあ、主人公たるクセーニアには身勝手さがイラついて、あまり共感できなかったのですが。)
2008年の紛争という結構最近のことなのに、こういう物語を作れるというのはなんか凄いですね。ロシア軍全面協力ということで、軍用車両もたくさん出てますし、ド派手な戦闘シーンはなかなか迫力があって素晴らしい。妄想シーンのCGも変形ロボ的な面白みがあってよかったです。

アストロボーイが唱える「アザニジマザ アマラヴァーチ チャンドリーカ」って呪文が登場しますが、何か意味のある言葉なんでしょうかね?

クセーニアを助ける良い兵士リョーハたちの部隊が、市街戦を繰り広げるところ。どう見ても「ブラックホークダウン」ですがwww。これもまた良くできてます。面白い。銃のストックが木製なのもなんかイイ。

作中で「パジャールスタ、パジャールスタ、パジャールスタ」って言うシーンが「そんなバカな」みたいな表現と解釈されてましたが、「パジャールスタ」ってそういう使い方もすんのか。

ちなみにこの映画の翻訳担当は狩野亨氏です。

参照サイト
映画『オーガストウォーズ』公式サイト
http://www.augustwars.com
映画『オーガストウォーズ』 (augustwars) on Twitter
https://twitter.com/augustwars
映画 オーガストウォーズ - allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=345877
南オセチア紛争 (2008年)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%81%E3%82%A2%E7%B4%9B%E4%BA%89_(2008%E5%B9%B4)
ツヒンヴァリ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA

関連記事
1959年にウラル山脈で起きた謎多き事件を追う大学生たちが遭遇したのは・・・。レニー・ハーリン監督『ディアトロフ・インシデント』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1721.html
イタリア客船座礁、カダフィの死、シリア紛争、など最近のニュース20120130
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1121.html
コレクターボックスには別視点映像も収録。リドリー・スコット監督『ブラックホークダウン』コレクターズBOX、という記事
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1213.html
予言された子供が救国の勇者へと成長する18世紀のカザフスタンが舞台の映画。『レッド・ウォリアー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1192.html
19世紀のリトアニアで抑圧された農奴たちのため義賊タダス・ブリンダが立ち上がる。リトアニア映画『ファイヤーハート 怒れる戦士』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1514.html



「5デイズ(5days)」Blu-ray版。
「ドニエプル攻防決戦1941」
「レッド・ドーン」Blu-ray版。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる