Entries

上京する浪士組。しかし道中で芹沢鴨が問題を起こし・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第9巻

どうも。馬頭です。
昨日、友達と話して、冬戦争などのフィンランドの戦争のノリは「週刊少年ジャンプ」で、イタリアのノリは「ヤングキング」あたりだ、ということになりました。

それはともかく。

アサギロ(浅葱狼)第9巻_ヒラマツ・ミノル

『アサギロ(浅葱狼)』第9巻

(ヒラマツ・ミノル。小学館。少年サンデーコミックスゲッサン。2014年。457円。)
「江戸を出発し、中山道を進む二百数十名の浪士組。だが、本庄宿に来た時、一行に加わっていた芹沢鴨が部屋割りに文句を言い、宿場の道の真ん中で巨大な焚き火をはじめてしまう。彼らを率いるはずの幕臣たちは何も手をださず、その責任は部屋割りを決めた近藤勇へと振りかかるのだが・・・」


ヒラマツ・ミノル氏による新撰組漫画の第9巻。

さて、浪士組が結成されて、江戸から京都へと向かうわけですが、道中でもひと波乱ふた波乱起こってしまいます。
巻の前半では、原田左之助がえらいことに。てか、この展開は無茶苦茶すぎて読めないww。だれだこの親父原田は!
後半では、芹沢鴨が宿場でゴネる有名な話。宿割を忘れる、じゃなくて、鬼門だと文句を言う、という話にしてます。芹沢のゴリ押しにも動じず、近藤勇の方がひとまわり格が上って感じですね〜。あ、ちなみに、この逸話、実際には本庄宿ではなかったらしい。
さらに、京都にいる勤王志士たちが、この浪士組の上京に気づき、行動しはじめます。その中には、あの人斬り以蔵の姿も。どうやら中山道を進む彼らを襲撃しようというのですが・・・。
次の巻が楽しみですね。夏発売だそうです。

参照サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
中山道(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%81%93
本庄宿(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%BA%84%E5%AE%BF

関連記事
清河の献策で浪士組が結成されることになり・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1610.html
捕らえられた自分を斬った男に対して近藤は・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1465.html
書き置きを残して志士たちを殺す謎の男が新たに狙うのは・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1320.html
沖田総司との勝負を望む藤堂平助だったがなぜか弟子入りすることになってしまい・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1133.html
天然理心流の噂を知った永倉新八が試衛館へとやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1013.html
惣次郎に興味を持った山南が試衛館にやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第2巻と3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-885.html
新選組の主要メンバーが集った試衛館の跡地に行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-877.html
まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-853.html
原田左之助がメインの叙情的な人間ドラマの短編。桐村海丸『とんがらし』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1429.html
若く荒々しい土方歳三が試衛館で多くの才能と出会う!! 橋本エイジ&梅村真也『ちるらん 新撰組鎮魂歌(レクイエム)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-878.html
隊士たちの生き様がかっこいい新撰組漫画。赤名修『ダンダラ(DAN-DARA)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-854.html



「ちるらん新撰組鎮魂歌 」8巻。
「ナポレオン~覇道進撃~ 」6巻。
「覚の駒」1巻。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる