Entries

大政奉還が行われ、暗躍した坂本龍馬が標的とされるようになり・・・。渡辺多恵子『風光る』第35巻

どうも。馬頭です。
そういや今、サンシャイン水族館でへんないきもの展やってるんだったな。ダイオウグソクムシ見たい。

それはともかく。

風光る第35巻_渡辺多恵子

『風光る』第35巻

(渡辺多恵子。小学館。フラワーコミックス。2014年。429円。184ページ)
「慶応三年(1867年)。薩長の動向は幕府を危機に追い込み、新選組も覚悟を決めることになるのだが、大政奉還が行われ、敵味方両方の人びとは動揺する。そして、この大政奉還の裏で活躍する坂本龍馬が狙われることになり、彼を守るために動くことになった新選組。さらに伊東甲子太郎は近藤勇の暗殺を画策しはじめ・・・」


男装して新選組に紛れ込んだ女の子・神谷清三郎こと富永セイの恋と戦いの日々を描く「風光る」の第35巻です。作者は渡辺多恵子氏。

35巻は大政奉還の話。これでやる気満々だった新選組の面々は、がっくりするし、憤慨もします。将軍慶喜はますます不人気に。
慶喜は頭がいいし、実際上手く立ちまわっていますが、ここらへんからどんどん彼の思惑を超えた事態になっていくわけですね〜。
それが坂本龍馬のことになりそうです。大政奉還で暗躍した彼を暗殺しようとする人間から、守るように言われた新選組。よりによって敵みたいな彼を守ることになった上に、立場もあって正面から守れず、こっそり護衛するため動き始めます。しかし、やはりこれは良くないと逆に暗殺することを決める近藤。
そして、これと同時に、御陵衛士の伊東甲子太郎も動き始め、近藤勇を暗殺する計画が! しかも、それには斎藤一も関わることに。
あと、こうしたことに労咳で病んでいるため関われない沖田総司の苦悩も描かれています。
今回は新キャラで相馬主計や、新選組の新人・野村利三郎が登場。

どうでもいいことですが、いままで「風光る」の記事で、本のレーベルを「小学館文庫」って書いてた。正解は「フラワーコミックス」です。

参照サイト
月刊flowers
http://flowers.shogakukan.co.jp/
風光る (渡辺多恵子)(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E5%85%89%E3%82%8B_%28%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%A4%9A%E6%81%B5%E5%AD%90%29
大政奉還(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%94%BF%E5%A5%89%E9%82%84
相馬主計(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E4%B8%BB%E8%A8%88
野村利三郎(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E5%88%A9%E4%B8%89%E9%83%8E
永井尚志(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E5%B0%9A%E5%BF%97

関連記事
沖田総司が労咳を発病してるのがバレてしまい・・・。渡辺多恵子『風光る』第34巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1625.html
伊東派の脱走隊士たちは話し合いに持ち込むのだが・・・。渡辺多恵子『風光る』第33巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1445.html
ついに幕臣として取り立てられることに。しかし、沖田には・・・。渡辺多恵子『風光る』第32巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1255.html
ついに伊東甲子太郎が御陵衛士を結成して新選組から分離するのだが・・・。渡辺多恵子『風光る』第31巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1095.html
新選組からの分離を目指す伊東甲子太郎の見事な策謀が・・・。渡辺多恵子『風光る』第30巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-882.html
先が気になって30冊近く一気に読んでしまいました。渡辺多恵子『風光る』第3巻から最新第29巻まで
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-850.html
家族を殺された娘が復讐のため男装して壬生浪士組に入り込み・・・。渡辺多恵子『風光る』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-813.html
上京する浪士組。しかし道中で芹沢鴨が問題を起こし・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1728.html
どこまでも鮮烈で誠実な土方歳三とその周囲の人たちの生き様を描く。菅野文「北走新選組」と「凍鉄の花」
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-883.html



「奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新」
「ビザンチウム」。ビザンツ帝国やイスタンブールとは関係ありません。
「現代語訳 榎本武揚 シベリア日記 (平凡社ライブラリー)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる