Entries

島津家の四兄弟が力を合わせて戦いを勝利に導く! 岡村賢二『島津戦記』第1巻 九州統一編

どうも。馬頭です。
花見で寒いおもいをしたせいか、体調がまた悪くなってしまった。休みの日なのになにもできない。早く自転車乗りたいなぁ

それはともかく。

岡村賢二『島津戦記』第1巻 九州統一編

『島津戦記』第1巻 九州統一編

(岡村賢二。リイド社。SPコミックス。戦国武将列伝シリーズ。2014年。571円。)
「南九州の辺境・薩摩に本拠地を持つ島津家。かつては三国の守護職にもなった島津宗本家は、16世紀には衰退し、島津相州家の忠良・貴久親子が実権を握り守護となった。そして、その四人の息子が力を合わせて九州統一のために動きはじめる・・・」


戦国時代の島津家の戦いに明け暮れた活躍を描く作品。作者は岡村賢二氏。連載は「コミック乱ツインズ戦国武将列伝」。

島津四兄弟、義久・義弘・歳久・家久のうち、義弘がメインで描かれていきます。
1巻は全部で四話。
第一話「岩剣城の戦い」
第二話「木崎原の戦い」
第二話「耳川の戦い」
第四話「沖田畷の戦い」
となっています。
多少無鉄砲だけど熱いキャラの義弘が、武将として成長しながら厳しい戦いに勝利していくことになります。
決め技は釣り野伏。うーむ、釣り野伏せ最強だな。
あと、なにかあるたびに、祖父・忠良(日新斎)の日新斎いろは歌を出して、教訓とするシーンが入ります。
大友宗麟と龍造寺隆信では大友の方が大物感があるのがいいですね。

参照サイト
コミック乱ツインズ戦国武将列伝|株式会社リイド社
http://www.leed.co.jp/magazine/sengoku/
岡村賢二(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9D%91%E8%B3%A2%E4%BA%8C
島津義久(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E7%BE%A9%E4%B9%85
島津義弘(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E7%BE%A9%E5%BC%98
島津歳久(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E6%AD%B3%E4%B9%85
島津家久(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E5%AE%B6%E4%B9%85
岩剣城(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%89%A3%E5%9F%8E
木崎原の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
耳川の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%B3%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
沖田畷の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%94%B0%E7%95%B7%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

関連記事
島津家久をメインに、薩摩・島津氏による九州統一への大奮闘を描く。sanorin『咆哮! 島津十字』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-656.html
九州の覇者として戦い抜いた島津家の兄弟たち。sanorin『咆哮! 島津十字』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1142.html
飯にこだわる足軽が龍造寺隆信の台所奉行に取り立てられ・・・。やまだ浩一&井川公彦『飯盛り侍』第1巻と2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-967.html
敗走する島津軍の諸事情を解説する。桐野作人『関ヶ原 島津退き口 敵中突破三〇〇里』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1622.html
歴史上の人物たちが異世界に召喚されて戦うことに。平野耕太『ドリフターズ(DRIFTERS)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-507.html
快進撃を続ける元親。四国制覇と悲劇的な結末! 岡村賢二『長宗我部元親』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1613.html
戦国最後の知将が大暴れ。真田一族の活躍を描く。岡村賢二『戦国武将列伝シリーズ 真田幸村』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-152.html



「孔雀王~戦国転生~ 1 (SPコミックス) 」孔雀王の新シリーズでこんなのやってたのか。
「人身売買・奴隷・拉致の日本史」
「バルト三国の歴史―エストニア・ラトヴィア・リトアニア石器時代から現代 (世界歴史叢書)」。バルト三国の古代・中世に範囲を絞った本って出ないかなぁ。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる