Entries

上杉謙信の忍びとなった少年が超絶の聴力で活躍する! 薮口黒子『軒猿』第1巻

どうも。身動き取れない馬頭です。

それはともかく。

薮口黒子『軒猿』第1巻

『軒猿』第1巻

(薮口黒子。集英社。ヤングジャンプコミックス。2009年。562円。)
「16世紀半ば。越後の山中で野生児のように育った少年・旭は、かつて自分を救ってくれた男・長尾景虎のもとで働きたいがために、景虎の忍びである『軒猿』の一員となる。過酷で非情な任務に着く旭は、異常なまでに良く聞こえる『耳疾し』の能力を使い、惑いながらも戦国の世を生きていき・・・」


「白雪姫と7人の囚人」や「神☆ヴォイス」の薮口黒子氏が、上杉謙信に仕えた忍者集団「軒猿」の活躍を描く作品です。
連載は「月刊ヤングジャンプ」。

主人公の少年・旭は、遠く離れた微弱な音でも聞き分ける「耳疾し」という異能を持っていて、かつて自分を助けてくれた戦国大名・長尾景虎、のちの上杉謙信の力になりたいということで、たまたま出会った景虎直属の忍軍「軒猿」についていって、その一員とさせてもらいます。
敵側をことごとく殺し、任務のためには仲間も見捨て、捕虜を拷問し、汚いことも平気でする忍び仕事に、まっすぐな性格の旭は個性的な味方とぶつかり合い困惑しながらもこなしていくことになります。
1巻後半は、武田信玄側についた越中の神保長職との戦いで旭たち軒猿が活躍していきます。
ちょっと主人公の性格がウザいけど、なかなか面白い忍者漫画になっています。

参照サイト
週刊ヤングジャンプ公式サイト
http://youngjump.jp
月刊ヤングジャンプ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97
軒猿(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%92%E7%8C%BF
神保長職(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E9%95%B7%E8%81%B7

関連記事
実は日本史の転換点に上杉景虎がいた!? 伊東潤・乃至政彦『関東戦国史と御館の乱 上杉景虎・敗北の歴史的意味とは?』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1720.html
和歌に込めた忍術の極意で危機を乗り切る若き忍者の奮闘。かわのいちろう『忍歌(SHINOBIUTA)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1476.html
川中島で激突する武田・上杉軍の間に乱入するものが・・・。カプコン&灰原薬『戦国BASARA2』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-587.html
北条氏が滅亡し、秀吉と家康の暗闘に古河公方の氏姫が巻き込まれてしまい・・・! かわのいちろう&宮本昌孝『戦国SAGA 風魔風神伝』第3巻と4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1709.html
武田家で軍師として活躍した山本勘助の意外な結末。佐藤ヒロシ&南原幹雄『山本勘助』全2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1389.html



「飛騨三木一族(新人物往来社2007年刊行)」
「英雄*戦姫GOLD」
「嵐ノ花 叢ノ歌 5 (リュウコミックス)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ






関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる