Entries

雑賀衆の鉄砲撃ちとなった若様が戦争の悲惨さの只中に・・・。おおのじゅんじ。原作/津本陽『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』第1巻〜第3巻

どうも。麻酔のせいか眠すぎの馬頭です。
なんか歯が痛い気がするので歯医者に行ったら、やはり虫歯が。でも、2ヶ月前に虫歯のチェックしてもらったはずなんですけどね、この歯医者で!(怒)
前の歯医者もそうでしたが、半年に一回虫歯のチェックに来いとか言うくせに、見つけられないみたいです。もう毎回レントゲン撮ってもらってちゃんと判定させた方がいいのかな。

それはともかく。

おおのじゅんじ。原作/津本陽『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』第1巻_リイド社版

『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ) 信長を撃った男』第1巻

(おおのじゅんじ。原作/津本陽。リイド社。SPコミックス。2012年。657円。263ページ)
「天正4年(1576年)、紀州雑賀の荘の鉄砲隊の年寄衆・小谷玄意の息子・七郎丸は、長年続く信長と本願寺の戦いに初参加することになる。何も知らない七郎丸は、そこで戦場の現実をまざまざと知ることになり・・・」


雑賀の鉄砲衆の若者の視点で織田・本願寺の抗争を描く、津本陽の人気小説のコミカライズ。前にPHPから1巻だけ出てたんですが、雑誌移籍で現在はサブタイトルに「信長を撃った男」と付けてリイド社から続きが出ています。連載は「月刊コミック乱」。

この新装版、旧版の1巻の部分も含まれています。旧版では七話まで収録されていましたが、これはちょっと分厚く九話まで収録。織田本隊による総攻撃の直前までです。


おおのじゅんじ。原作/津本陽『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』第2巻_リイド社版

『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ) 信長を撃った男』第2巻

(おおのじゅんじ。原作/津本陽。リイド社。SPコミックス。2013年。600円。181ページ)


2巻は逆にちょっと薄くて、10話から15話まで収録。
ライバル的存在となる根来の鉄砲撃ちのドクロ兜に邪魔されつつも、七郎丸が本当に信長を狙撃することになります。
その後は雑賀の庄に戻って一息ついてから、今度は天正四年に本願寺に兵糧を届ける船団の作戦に参加します。つまり第一次木津川口の戦いです。
シラカ崎沖で行われた海戦では、織田水軍が安宅船四隻を擁するも、指揮官の沼野伊賀守が織田方の海賊衆・真鍋主馬兵衛(真鍋七五三兵衛)の進言を蹴って愚策に固執してあっさり戦死してしまい、七郎丸たちは残った真鍋と戦うことに。


おおのじゅんじ。原作/津本陽『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』第3巻_リイド社版

『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ) 信長を撃った男』第3巻

(おおのじゅんじ。原作/津本陽。リイド社。SPコミックス。2013年。600円。175ページ)


3巻は16話から21話が収録。第一次木津川口の戦いの決着と、とうとう織田信長による雑賀討伐がはじまります。
七郎丸がはじめての敵大将の首取りで煩悶したり、男装して戦場に出ていた女・ゆうが実は雑賀孫一の娘だったと判明したり、雑賀内でもいろいろあります。
圧倒的大軍で攻め寄せる織田軍。そして、七郎丸はこの状況を打破するためにも織田信長をまたも狙おうと決意することに・・・!

というわけで、話は最高に盛り上がっていきましたが、連載の方はすでに完結してるそうなので、四巻を早く出して欲しいですね。


「雑賀六字の城 (文春文庫)」


参照サイト
COFFEE REX.com
http://coffeerex.com/
大野純二 (junji_ohno) - Twitter
https://twitter.com/junji_ohno
リイド社 コミック乱
http://www.leed.co.jp/magazine/ran/
大野純二(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E7%B4%94%E4%BA%8C
雑賀衆(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%91%E8%B3%80%E8%A1%86
塙直政(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%99%E7%9B%B4%E6%94%BF
天王寺の戦い (1576年)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84_(1576%E5%B9%B4)
第一次木津川口の戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E6%9C%A8%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
紀州征伐(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%B7%9E%E5%BE%81%E4%BC%90

関連記事
雑賀衆の若者が信長が攻め寄せる本願寺で初陣するのだが・・・。おおのじゅんじ。原作/津本陽『雑賀六字の城(さいがろくじのしろ)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1479.html
雑賀孫一が信長近辺で活躍する少年漫画。小林裕和『戦国八咫烏(せんごくヤタガラス)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-625.html
「狼の口」の作者による短編集。戦国時代の鉄砲撃ちものが多い。久慈光久『鎧光赫赫(がいこうかっかく)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-422.html
三大国が覇を争う中、中央の小国に雇われた凄腕の傭兵たちの活躍を描く。矢野隆&長田悠幸『蛇衆 JASHU』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1078.html
身の丈を越える長さの火縄銃で戦う少年傭兵の活躍。秋山明子『戦国戦術戦記 ろぼす(LOBOS)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-127.html
ソバカスは孫市を撃つことが出来るのか悩み・・・。宮下英樹『センゴク 天正記』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-258.html
娘の復讐のため武器メーカーの副社長を狙撃する。ウェズリー・スナイプス主演映画『スナイパー LIBERTY STANDS STILL』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1073.html



「戦国スナイパー 4 慶一郎絶対絶命篇 (講談社BOX)」
「戦国戦術戦記 LOBOS(2) (シリウスコミックス)」
「南蛮服と火縄銃(仮) (スマッシュ文庫)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる