Entries

イギリス植民地時代がインドの伝統的社会を形作る。粟屋利江『イギリス支配とインド社会 世界史リブレット38』

どうも。馬頭です。
「All You Need Is Kill」も観てきました。「ポンペイ」も早くいかないと。あと、「ノア」が意外といいというはなし。

それはともかく。

イギリス支配とインド社会 世界史リブレット38_粟屋利江

『イギリス支配とインド社会 世界史リブレット38』

(粟屋利江。山川出版社。世界史リブレット38。1998年。729円。82ページ)
インド現代史をみる眼
イギリスのインド認識
近代インドにおける女性問題
インド民族運動と「コミュナリズム」
反カースト制度の潮流


最近の時ならぬインド史ブームのため読んだ本のひとつです。
インドにやってきたヨーロッパ諸国の中で、最大の影響力を持ったのが、インドを植民地化したイギリスですが、そのイギリス支配がインド社会に与えた影響について書いた本です。

読んだ感想はとにかく「カースト制度(つまり、ヴァルナとジャーティというやつです)は酷い」ですね。こりゃ酷い。ホント酷い。
そして、イギリスに支配されながらもその中で、いろいろ考え行動するインド人たちの活躍というか右往左往というかが紹介されてて、インド人は大変だなぁ、と(小並感
インド社会がイギリスによって支配されていく過程で、歪みが洗練化されたような感じがなんとも。
でも、面白い本でありました。この系統のやつ、他にも読んでおこう。

それにしても、ヴァルナとジャーティごとの断絶が徹底してるのにびっくりしますね。しかも、ヒンドゥー教における仏教徒の扱いってシュードラ以下のアウトカーストだったのか。
インドの仏教は12世紀に壊滅状態になるのですが、それってムスリムのゴール朝のせいなんですよね。最後もヒンドゥー教に取って代わられたのかと思ってました。

参照サイト
世界史リブレット - 山川出版社
http://www.yamakawa.co.jp/product/common/&cat_209=209
カースト(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88
ヒンドゥー教(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E6%95%99
インドにおけるイスラーム(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
サティー (ヒンドゥー教)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC_(%E3%83%92%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E6%95%99)
不可触民(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%A7%A6%E6%B0%91

関連記事
ヒンドゥー教ってこんなのだったのか! 山下博司『ヒンドゥー教とインド社会 世界史リブレット5』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1792.html
インドの歴史を地理・風土についても含め、さらっと解説。近藤治『新書東洋史6 インドの歴史 多様の統一世界』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-282.html
近世インドを制覇した不思議なセンスの軍隊。デヴィッド・ニコル『インドのムガル帝国軍 1504-1761 火器と戦象の王朝史』(MMAシリーズ)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-288.html
セポイの乱ってこんなに面白かったのか!? 長崎暢子『インド大反乱一八五七年』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1602.html
追手を逃れてインドに入った良造とオレーナらに新たな旅の道連れが・・・。芝村裕吏『遙か凍土のカナン』第2巻 旅の仲間
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1734.html
旅行っていうレベルじゃねーぞ。インドのおもしろ旅行記。流水りんこ『インドな日々』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-108.html
中近世ゾロアスター教の思想。青木健『ゾロアスター教の興亡 サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』
http://xwablog.exblog.jp/10251519



「近代インドの歴史」
「ムガル帝国時代のインド社会 (世界史リブレット)」
「インドな日々 4 (あさひコミックス)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる