Entries

女性に関して複雑な事情のある子爵家の歪みが・・・。碧也ぴんく『華族ワルツ』第2巻(完結)

どうも、馬頭です。
水牛の角を持ってるんですが、もっと大きな飾りものの角が欲しいな。

それはともかく。

碧也ぴんく『華族ワルツ』第2巻

『華族ワルツ』第2巻
(完結)
(碧也ぴんく。幻冬舎コミックス。バーズコミックスガールズコレクション。2012年。660円。)
「親友・弥生の死の原因を探るため、成瀬子爵家で働く少女・篠原みどり。不始末から女中仕事をするはめになってしまったものの、なんとか辛い仕事をこなす日々。その中で成瀬家の複雑な事情も知ることになるのだった。しかし、車夫に襲われたことをきっかけに、今度は長男・智堯のやっている写真屋で助手をすることになり・・・」


「鬼外カルテ」の碧也(あおまた)ぴんく氏の大正時代・女学生ものの漫画です。連載は「webスピカ」。

というわけで、2巻で完結。
だいたい友人の死の原因は1巻で予測できたけど、結末的にはちょっとヌルいかな、と。まあ、ヒロインが好きな男の家だから、あまりにも悲惨な結末だと盛り上げ方としてもまずかろうけど。
てか、せつって女がいろいろちゃんと言ってればこうはならなかっただろフォーグラー。
あと、子供たちはもうちょい話に絡んできてもよかったかと。

参照サイト
ぴんくの王国 - So-net
http://www008.upp.so-net.ne.jp/pink-a/
幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS
http://www.gentosha-comics.net/
華族(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%97%8F

関連記事
友人の死に疑問を抱く女学生が子爵家に潜り込む大正時代ミステリー。碧也ぴんく『華族ワルツ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1299.html
小姓としてちゃんとしてきた虎だが、やはりここは戦国時代で・・・。碧也ぴんく『天下一!!』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-558.html
出島のある江戸時代・長崎を舞台に幕府の間諜が活躍する。碧也ぴんく『デアマンテ 天領華闘牌』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-59.html
伊賀への視察についていった時に衝撃的なものを見てしまい・・・。碧也ぴんく『天下一!!』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1440.html
家宝を守り続ける京都の公家に仕える侍が出会う物と人との物語・・・。高瀬理恵『公家侍秘録』全7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1111.html
華族に与える爵位をどう決めたのかがハッキリわかる。浅見雅男『華族誕生 名誉と体面の明治』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1744.html
大正時代に人生が逆転した2人の少女の運命を描く。今井康絵『華恋がたり 大正華族令嬢メモワール』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1635.html



「義経鬼~陰陽師法眼の娘~ 1 (プリンセスコミックス)」
「戦国大名の城を読む 築城・攻城・籠城 (ソフトバンク新書)」
「俺の屍を越えてゆけ2 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる