Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀と甲賀に追われる孤高の忍者の外道な活躍。今泉伸二&海道龍一朗『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第1巻から3巻まで

どうも。馬頭です。
艦これ、コミケ前にははじめておこうと思ってましたが、まさかこんなに入りずらいとは思ってなかった。もうコミケには絶対間に合わないな。

それはともかく。

今泉伸二&海道龍一朗『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第1巻

『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第1巻

(作画/今泉伸二。原作/海道龍一朗。新潮社。バンチコミックス。2008年。505円。)
「天文23年(1553年)。伊賀と甲賀の両方から命を狙われる孤高の忍者・加藤段蔵。飛び加藤という異名と瑠璃色の瞳を持つ凄腕の加藤は、あることが理由で忠義を受け入れない悪しき忍として、外道な戦いと策謀を繰り返す。そんな加藤が次に向かったのは、朝倉家が支配する越前で・・・」


海道龍一朗氏の2006年の小説「惡忍 加藤段蔵無頼伝」のコミカライズです。作画はかつて「週刊少年ジャンプ」で体操漫画「空のキャンバス」やボクシング漫画「神様はサウスポー」を描いていた今泉伸二氏。ちなみにタイトルは「悪忍」ではなく「惡忍」。

飛び加藤こと加藤段蔵を主人公にした作品で、伊賀・甲賀の両方から追われる孤高の忍者にして、義や忠などを否定する外道の忍者として描かれています。
悪いことも平気なやくざみたいな言動の加藤段蔵という面白いパターンが観れました。朝倉家、そして上杉家との関わりを持っていく展開です。
瑠璃色(青色)の瞳を持っているわけですが、時代的に南蛮人との連想がない感じの対応をされまてます。

今泉伸二&海道龍一朗『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第2巻

『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第2巻

(作画/今泉伸二。原作/海道龍一朗。新潮社。バンチコミックス。2008年。505円。)


越前では朝倉家に仕えていた冨田勢源の弟・富田景政や、朝倉家の重鎮・朝倉宗滴などに近寄って、一向一揆側との問題に取り組み、また、越後・長尾家に対しても策謀を巡らしていきます。
こういうピカレスク的な主人公ってのもいいですね。どうも漫画で忍者というと正義の忍者的な話が多くてアレだったので。

今泉伸二&海道龍一朗『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第3巻

『惡忍 加藤段蔵無頼伝』第3巻

(作画/今泉伸二。原作/海道龍一朗。新潮社。バンチコミックス。2008年。505円。)


それにしても今泉伸二氏の絵柄ってかなり濃くなりましたね。

2巻で加賀一向一揆の惣領として超勝寺の実顕が登場しますが、調べたら実照の代じゃないのかな? なんでだろうか。

3巻まで読みましたが、4巻で完結だそうです。



「悪忍 加藤段蔵無頼伝(双葉文庫) 」


参照サイト
web@バンチ
http://www.comicbunch.com
加藤段蔵(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%AE%B5%E8%94%B5
朝倉宗滴(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E5%80%89%E5%AE%97%E6%BB%B4
富田景政(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E6%99%AF%E6%94%BF
実顕(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E9%A1%95
超勝寺(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%8B%9D%E5%AF%BA

関連記事
最愛の恋人が敵として立ちふさがり・・・。橋本環&あかほりさとる『破軍 魔人戦記』第3巻と4巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1727.html
壮絶なる忍術合戦! 森田信吾『影風魔ハヤセ』第2巻、という記事
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1222.html
上杉謙信の忍びとなった少年が超絶の聴力で活躍する! 薮口黒子『軒猿』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1757.html
北条氏が滅亡し、秀吉と家康の暗闘に古河公方の氏姫が巻き込まれてしまい・・・! かわのいちろう&宮本昌孝『戦国SAGA 風魔風神伝』第3巻と4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1709.html
和歌に込めた忍術の極意で危機を乗り切る若き忍者の奮闘。かわのいちろう『忍歌(SHINOBIUTA)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1476.html
「バンチ」から「乱」に移って再開した忍者を狩る忍者の話。ながてゆか『蝶獣戯譚II』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1391.html



「天体建築論 レオニドフとソ連邦の紙上建築時代」
「清と中央アジア草原: 遊牧民の世界から帝国の辺境へ」
「艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。