Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンナエの戦いの衝撃的な結末! そして「ローマの剣」も登場。カガノミハチ『アド・アストラ スキピオとハンニバル』第6巻

どうも。馬頭です。
コミケの申し込みはなんとか済ませましたが、久々にやったのにいつも通り前日深夜になって慌ててやって、会社行ってから昼休みに入金と郵送をするというパターンになってしまうのは、いい加減にしたほうがいいな。まったく成長が見られない。

それはともかく。

アド・アストラ スキピオとハンニバル』第6巻_カガノミハチ

『アド・アストラ スキピオとハンニバル』第6巻(VI)

(カガノミハチ。集英社。ヤングジャンプコミックスウルトラ。2014年。600円。209ページ)
「二倍近い兵力差があるままはじまったカンナエの戦いだったが、劣勢なカルタゴ軍は突如反撃に転じ、ローマ軍を包囲しはじめる。少数による多数の包囲などすぐに崩壊するかと思われたが、全てはハンニバルの思惑通りに推移していく・・・」


「ウルトラジャンプ」で連載中の第二次ポエニ戦争を題材にした漫画の第6巻。作者はカガノミハチ氏。

この巻ではカンナエの戦いの結末と、その後の展開が描かれます。
ローマ軍8万に対して、5万のカルタゴ軍でしたが、はじめの中央部隊の後退はふりだけで、ハンニバルの策略でした。反転して攻撃に転じた中央とともに、周囲のカルタゴ軍もローマ軍を攻撃しはじめ、ローマ軍全体が包囲されてしまうことになります。
こうして、一見無理のある包囲がはじまるのですが、予想に反して包囲はそのまま続き、包囲されたローマ軍は混乱の中でついに壊滅してしまうのです。
彼らを救おうとしていたスキピオですが、予備兵は動かず、アエミリウスやミヌキウスらも戦死してしまい、敗残兵としてローマに帰ることに。
そして、カンナエの戦いの敗北によって、ローマは持久戦派のファビウスが主導権を握っていきます。これによって、カンナエの敗残兵たちはシチリア送りになってしまい、スキピオもまたシチリアへ行くのですが、そこにはローマ最強の戦士にして最高の猛将マルケルスがいて、波乱の展開が予想されます。
勝利したカルタゴ軍も、ローマを陥落させるほどの技術がないため、これで「完全勝利」というわけにもいかず、話は簡単ではありません。しかも、マゴやマハルバルら側近になんだか不穏な感じがあったりも。
このあと、いきなりすっ飛ばしてザマの戦いという流れではないようなので、いろいろ楽しみですね。

参照サイト
ウルトラジャンプ
http://ultra.shueisha.co.jp/
ポエニ戦争(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A8%E3%83%8B%E6%88%A6%E4%BA%89
ハンニバル(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB
スキピオ・アフリカヌス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%82%B9
クィントゥス・ファビウス・マクシムス(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%93%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%82%B9
カンナエの戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%A8%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ルキウス・アエミリウス・パウルス(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9
ハンニバル・ギスコ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%82%B3
マルクス・クラウディウス・マルケッルス(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%B9
スポリア・オピーマ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%94%E3%83%9E

関連記事
ひとつの丘を巡る戦いで人々の思惑が錯綜する・・・。カガノミハチ『アド・アストラ スキピオとハンニバル』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1570.html
第二次ポエニ戦争で智勇に優れた二人の名将が国家の存亡をかけた戦いを繰り広げる! カガノミハチ『アド・アストラ スキピオとハンニバル』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1021.html
ライバル同士の二人の名将を主人公としてポエニ戦争を描く漫画「アド・アストラ スキピオとハンニバル」連載開始。「ウルトラジャンプ」2011年4月号
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-752.html
ローマ軍に包囲されたシラクサ市の中でローマ人の女性を救うためスパルタ人の青年が・・・。岩明均『ヘウレーカ(HEUREKA)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-96.html
ローマを生涯の敵とすると誓った男の物語。BBC制作の歴史ドラマ『ガーディアン ハンニバル戦記』
http://xwablog.exblog.jp/7671006
異世界なのに戦国の武士たる自分を貫き通す無茶苦茶さにシビれる! 平野耕太『ドリフターズ(DRIFTERS)』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1490.html
やはりいい作品ですね。剣闘士奴隷に堕ちた将軍の復讐劇。リドリー・スコット監督『グラディエーター(GLADIATOR) デラックス・コレクターズ・エディション』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1190.html
このオッサンの薀蓄ダベリ、面白すぎる。ヤマザキマリ&とり・みき『プリニウス』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1806.html



「プルターク英雄伝(3)」
「薔薇戦争新史」
「死刑執行人―残された日記と、その真相」。フランツ・シュミット親方の本ですね。「ある首斬り役人の日記」もむちゃくちゃ面白かったので、これは読んでおきたい。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。