Entries

戦艦・三笠と城ヶ島。三浦半島を一周してきました。20140823

どうも。今回とった休みがあとあと問題にならないかビクビクしてる馬頭です。

それはともかく。
土曜日は久々に休みにして、自転車で三浦半島を一周してきました。

三浦半島一周20140823_01

安針台公園から見下ろした横須賀港の艦艇

横浜の実家までは電車で行って、そこから自転車で出発。でも、出発予定時刻を三時間ほど遅れてしまい、しかも雨まで降り始めてしまっていたので、散々なはじまり方。11時出発。
八景島の前まで行ってからさらに南下。伊藤博文の別邸があった野島を通って、そのあと貝山緑地に行きたかったのですが、道に迷って彷徨うことに。すでに雨でびしょ濡れだったこともあり、諦めてさらに南下。
次に行ったのは安針塚駅近くにある、安針台公園で、この写真はそこから見下ろした横須賀港。自衛艦とたぶん米軍の艦船が見えます。見分け付かないのでアレですが。
ちなみにこの安針台公園は、はじめ三浦按針夫婦の墓があったという場所に行きたかったのですが、それは塚山公園というやつのことらしく、勘違いして登ったみたいです。事前に調べておくべきでした。


三浦半島一周20140823_02

自衛隊の潜水艦

ヴェルニー公園というところから碇泊中の艦艇がよく見えます。ちょうど潜水艦が入ってくる所でした。潜水艦が碇泊してることはよくあるそうですが、入港中のシーンはなかなか観れないとのこと。
すぐ近くには改装中らしきイージス艦もありました。船腹に56とあったので、ミサイル駆逐艦ジョン・S・マケインじゃないかと。


三浦半島一周20140823_03

三笠公園

次は三笠公園に行って、記念艦・三笠を観てまいりました。銅像は東郷平八郎の像。
ちなみにこの頃になってやっと雨が止みました。


三浦半島一周20140823_04

三笠

三笠といえば日露戦争で艦隊の旗艦となった艦ですね。てか、この写真は艦尾側でした。艦首側の写真撮ってない。
なんか思ったよりも小さいですが、見応えは十分。


三浦半島一周20140823_05

12ポンド砲

戦艦側面の12ポンド砲です。これ、ハンドルを回すことで向きを変えることができます。ハンドルは凄く軽い。


三浦半島一周20140823_06

主砲

主砲を甲板で撮影した写真です。正面から見ると迫力ありますね〜。


三浦半島一周20140823_07

ヴィクトリー号の模型

内部には展示室になってます。日露戦争のことをメインにいろいろ展示してありますが、こんなものもありました。


三浦半島一周20140823_08

聖アンドレイ旗

ロシア海軍の旗もありました。

だいたい一時間くらい三笠にいたかと思います。艦橋にも登りましたが、土曜だったこともあって観光客がたくさんいて、登るのを待たされたりも。
あと、やはり「艦これ」の影響で、提督らしき人がさくさんいました。それに、たくさんの艦船の模型を飾る特別展「三笠秘蔵 連合艦隊 艦隊コレクション」もやってました。これは10月までやってるとのこと。


三浦半島一周20140823_09

為朝神社

横須賀を出たあとは海岸沿いに走って浦賀港に。浦賀港の西側の西浦賀浜町には源為朝を祭神としている珍しい神社があるので、行ってみたかったのですが、地図だとよくわからず、探しまくりました。凄い坂も登ってみたり来た道を戻ったり30分以上ウロウロ。新しくしたiPhoneのグーグルマップはかなり役に立たない仕様になってますね。前の方が詳しかったような。
近くにある叶神社の末社らしいのですが、叶神社の方は行ってないです。
1800年ころ海岸に為朝の木像が流れ着いたことで祭るようになったとのこと。


三浦半島一周20140823_13

燈明崎・燈明堂

実はまったくチェックしてなかったのですが、為朝神社を探す中で、迷走しまくってた時にたまたま燈明堂(とうみょうどう)を見つけました。
幕末に建設された和式灯台の燈明堂ですが、現在は復元されたものが建ってます。自転車降りたくなかったので、目の前まで行ってないのです。




ちなみにこれについての漫画が『きぼうの灯かり ~灯台にまつわる8のちいさな物語』(巳蔦汐生)の中に収録されています。
前に記事にもしましたね。
灯台が舞台のショートストーリー。巳蔦汐生『きぼうの灯かり ~灯台にまつわる8のちいさな物語』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-908.html



三浦半島一周20140823_10

城ヶ島

基本的にあえて幹線道路は走らず、海岸沿いを走ってきましたが、平坦な場所ばかりではなく、たびたび坂道を登るはめになりました。つまり岬になってる部分を越えるような形に道が走ってたので、そのたびにアップダウンが。海岸沿いだから平地だろ、とか思ってました。
そんなこんなで、延々と南下してついに三浦半島最南端の城ヶ島へ到着。
島は橋でつながっていて、島の東部は公園になってます。凄く見晴らしがよくて、なかなか良い所です。写真は島の東側の岬・安房ヶ崎を第二展望台から撮影したもの。
ここ、神奈川県最南端かと思ったら、湯河原町とかの方が南らしい。
かつて、三浦水軍の本拠地だったらしいですが、特に遺構とかは無し。近代に要塞化されたので軍事施設跡とかはあるようですが、そこらへんはまったく観てないです。
そもそも、トロトロ走ってたので、この段階で18時になってまして、もはや観光する時間無しだったのでした。


三浦半島一周20140823_11

斜めの木

坂道の写真じゃなく、平坦な場所での写真です。
城ヶ島の上に生えている木は、海からの強風のため全部斜めになってます。


三浦半島一周20140823_12

富士山

城ヶ島から出発して三浦半島の西岸側を北上してる途中で、富士山が遠くに見えるところがあったので撮影。
もうすでに暗くなりはじめてますが、さらにこっから二時間くらい真っ暗な中、車が走りまくってる狭い道を走り続けることに。
実はこのあと和田義盛の碑石があるのを見たかったけど、暗くて見つけられず。
今回、三浦半島を走るにあたり、もっと閑静なひなびた場所という予想をしてたんですが、まったく違いましたね。夏で海水浴客がたくさんいるからか、交通量も凄い多く、走りにくいことこの上ない。というか、死にそうだった。
歴史ネタの観光もほとんどできなかったし、事前調査無しで走るのはよくないですねぇ。もうちょい考えよう。

鎌倉経由で走って、帰宅は20時半くらい。途中でサイクルコンピューターの電池が切れてしまい、計測できなかったので、正確ではないですが、城ヶ島までは61km、帰路は36kmで、走行距離は約100kmとなりました。はじめの予想では80kmくらいでしたが、ウロウロしすぎましたね。時間もかかりすぎ。
房総半島も廻ってみたいけど、こんな感じならやめとこうかな。

参照サイト
記念艦「三笠」公式ホームページ|神奈川県横須賀市
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/
三笠 (戦艦)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
ジョン・S・マケイン (ミサイル駆逐艦)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)
聖アンデレ十字(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC%E5%8D%81%E5%AD%97
叶神社公式ホームページ
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp
源為朝(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%82%BA%E6%9C%9D
城ヶ島(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E3%83%B6%E5%B3%B6
和田義盛(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E7%BE%A9%E7%9B%9B

関連記事
志村・石神井・滝の城の三つの城址と平林寺を自転車で廻ってみました。20140727
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1807.html
いまさらながらロードバイクで大宮の氷川神社へ行ってきました。20140713
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1795.html
小田原までロードバイクで行きました。20140504
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1764.html
灯台が舞台のショートストーリー。巳蔦汐生『きぼうの灯かり ~灯台にまつわる8のちいさな物語』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-908.html



「実録・戦艦三笠―日露戦争と日本海海戦」
「出使日記の時代―清末の中国と外交―」
「ジョンブル魂(英国魂) 世界史に残る大英帝国を築いたアングロサクソンの原点を探る」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる