Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勢いに乗るフス派。だが、ヤン・ジシュカに暗殺者の魔の手が伸びる! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第3巻

どうも。馬頭です。
すぐ近くの会社までロードバイクで通勤してみると、ママチャリの時よりか、2分も遅く家を出ても間に合うことが判明。全力で漕げば、もう絶対間に合わない、と思ってたのに間に合ってしまう。これは凄いですよ。あと2分寝てられる!(本末転倒)

それはともかく。

大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第3巻

『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第3巻

(大西巷一。双葉社。アクションコミックス。2014年。620円。189ページ)
「プラハを拠点としてチェコ国内のカトリック派を次々に掃討していくフス派ターボル軍。国内のフス派を糾合して勢いに乗るヤン・ジシュカだったが、彼に教皇庁の放った暗殺者イスクラの魔手が・・・! ジシュカが倒れる中、暗躍する敵に対してシャールカたちは・・・」


15世紀のチェコで起きた「フス戦争」を題材とした漫画「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」の第3巻が発売になりました。作者は「女媧 JOKER」「曹操孟徳正伝」「ダンス・マカブル」「おてんば珠姫さま!」の大西巷一氏。

3巻はカトリック側の陰謀によってジシュカとフス派が窮地にやられてしまいます。
プラハを手に入れて、ヴィトコフの戦いにも勝ち、カトリック側を散々にやっつけたことで、大いに盛り上がるフス派。ジシュカはフス派の貴族や諸都市、市民らの勢力をまとめ、ボヘミア前王妃で摂政のジョフィエ(ヴァーツラフ4世の妻。ゾフィー)をも味方につけて乗りに乗って、フス派によるキリスト教世界の制覇をしてのけるとまで言うほど。
そんな絶頂のジシュカを暗殺者「血の十字架」ヤン・イスクラの魔の手が襲います。
これによってジシュカは重傷を負い、教皇庁の狙い通りフス派の権威は地に落ちることになります。
そんな中、ふとしたことに気づいたシャールカは、フス派の女兵士として戦うことに迷いのある天使隊の少女サーラの行方を探すのですが・・・。

今回はフス派の躍進とカトリック側の陰湿な反撃の話でしたが、ジシュカの存在感の大きさと、戦いに身を投じるということの意味を問い直させられた少女たちの苦悩が描かれていました。ジシュカにとっては大変な危機であり、シャールカにとっても重要な局面でしたね。この巻でも女の子たちは酷い目にあいまくってましたが、苦難・苦悩を乗り越え、強い意志と想いとともに戦っていく姿が印象的でした。
次はプラハ近くのヴィシェフラト城の話となります。



「ホークウッド」6巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
今回、トミイ大塚氏の百年戦争漫画「ホークウッド」6巻と同時発売で、「中世どっきり残酷フェア」というのをやってて、コラボ色紙のプレゼントに応募できるようになってます。
乙女戦争×ホークウッドの合同フェア、直筆コラボ色紙が10名に コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/131889

追記
うちの記事が「アキバブログ」さまに紹介していただけました!
15世紀フス戦争が題材 乙女戦争3巻 「敵はカトリック教会!激化する凄惨な宗教戦争!」
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51460987.html
ありがとうございます!



参照サイト
LA GROTTA (ラ・グロッタ)(大西巷一)
http://ohnishikoichi.jimdo.com
大西 巷一 (kouichi_ohnishi) on Twitter
https://twitter.com/kouichi_ohnishi
月刊アクション | WEBコミックアクション
http://webaction.jp/monthly_action/
ちなみに双葉社のサイトで冒頭11ページを試し読み可。→「乙女戦争」試し読み
http://webaction.jp/monthly_action/sample/ma7_04.html
ターボル戦記 ~フス戦争の記録~
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kolvinus/tabol/top.htm
フス戦争(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%88%A6%E4%BA%89
フス派(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%B4%BE
ヤン・ジシュカ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AB
John Jiskra of Brandýs(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Jiskra_of_Brandýs
ターボル (チェコ)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB_(%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3)
The Hussites of Bohemia(英語)
http://myweb.tiscali.co.uk/matthaywood/main/Hussites.htm
Sophia of Bavaria(Wikipedia)英語
http://en.wikipedia.org/wiki/Sophia_of_Bavaria
Čeněk of Wartenberg(Wikipedia)英語
http://en.wikipedia.org/wiki/Čeněk_of_Wartenberg
聖ヴィート大聖堂(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82
乙女戦争×ホークウッドの合同フェア、直筆コラボ色紙が10名に コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/131889
15世紀フス戦争が題材 乙女戦争3巻 「敵はカトリック教会!激化する凄惨な宗教戦争!」
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51460987.html

関連記事
シャールカたちは新しい戦い方で10万の大軍に立ち向かう! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1767.html
フス戦争が舞台の「銃×少女」の物語。大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1713.html
フス戦争が舞台の「乙女戦争」も連載開始! 『月刊アクション』2013年7月号(創刊号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1550.html
ロザリアとローザは裏切りによって捕われてしまい・・・。滝沢聖峰『ばら物語 Tale of Rose Knight』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-750.html
ヨーロッパのど真ん中で個性的な輝きを放つ国の物語。薩摩秀登『物語 チェコの歴史 森と高原と古城の国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-120.html
マラーを暗殺したコルデーと彼女を処刑したサンソンの交流を描く話が凄く良かった。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-970.html
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
残虐な拷問と処刑が溢れかえる歴史の闇の中で・・・。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-647.html
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女媧(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
いつも劉備の敵役にされていた曹操を主人公にした漫画。大西巷一『曹操孟徳正伝』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/10006115
異端の拠点を襲撃する傭兵団だが・・。Cuvie(キューヴィー)『ドロテア(DOROTHEA)』第2巻
http://xwablog.exblog.jp/7805108
ロレーヌ軍を破ったものの、黒太子はその内容に不満が・・・。トミイ大塚『ホークウッド(HAWKWOOD)』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1796.html



「ボヘミア物語」
「英国男子甲冑コレクション (制服・衣装ブックス) 」
「クロニクル・レギオン (ダッシュエックス文庫)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。