Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怨霊が出るという本を写本していた道真が見たものとは・・・。灰原薬『応天の門』第2巻

どうも。馬頭です。
金が無くて外食も古本屋行くのもの制限しようとしてるのですが、古本屋の方は速攻で行ってしまいました。我慢できないとかそういうのじゃなくてですね、行かなきゃいけない必要性からというわけで(以下略

それはともかく。

灰原薬『応天の門』第2巻

『応天の門』第2巻

(灰原薬。新潮社。バンチコミックス。2014年。580円。191ページ。)
「橘広相から呼び出され大学寮にやってきた菅原道真は、彼から写本中に怨霊が出るといういわくつきの本を任される。一人でその真相を突き止めようとした道真は・・・」


9世紀・平安時代の京都を舞台に、歌人・在原業平と学問の神となる菅原道真(少年時代)が、さまざまな不思議な事件を解決していくお話の第2巻。
作者は「SP」のコミカライズや「とかげ」の灰原薬(はいばらやく)氏。

今回は、遣唐使船で死んだ人間の怨霊取り憑いてて「出る」と噂の本(竹簡)の話と、藤原高子に頼まれて物の怪退治をする話、そして、中国から帰国した男が立てこもり事件を起こしてしまう話、が収録されています。
こうした話の中で、徐々に菅原道真の死んだ兄のことが浮かび上がってきます。道真の人生に大きな影響を与えた人物の謎。
そして、藤原家の方のゴタゴタもいろいろ絡んできそうな感じです。
高子の兄、藤原基経も登場しますが、嫌なやつで怖ぇ〜。これ、道真の兄のことにも関係するのかな?

巻末にはおまけ番外編「白梅のおしごと」も収録。あとこの巻でもコラム「道真の平安時代講」は本郷和人氏です。
連載は「月刊コミック@バンチ」。

参照サイト
89g(灰原薬)
http://89g.info
web@バンチ
http://www.comicbunch.com
在原業平(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E5%8E%9F%E6%A5%AD%E5%B9%B3
菅原道真(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E9%81%93%E7%9C%9F
紀長谷雄(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%9B%84
藤原良房(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E8%89%AF%E6%88%BF
藤原高子(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E9%AB%98%E5%AD%90
文章生(コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E6%96%87%E7%AB%A0%E7%94%9F
応天門(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E5%A4%A9%E9%96%80
橘広相(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E5%BA%83%E7%9B%B8
藤原基経(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%9F%BA%E7%B5%8C
反魂香(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E9%AD%82%E9%A6%99

関連記事
在原業平と菅原道真が京の都の怪事件を名推理で解き明かす。灰原薬『応天の門』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1750.html
在原業平と藤原高子の典雅にして危険な恋。紅林直&永久保貴一『超訳伊勢物語 月やあらぬ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1281.html
恋多き女・和泉式部の若き日の悲恋が描かれる・・・。江平洋巳『恋ひうた 和泉式部異聞』第1巻から2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1447.html
かわいい男子中学生が平安京にタイムスリップして天女に間違われ・・・。真柴真『詠う!平安京』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1482.html
「うた恋い。」の四コマギャグバージョン。杉田圭『超訳百人一首「うた恋い。」異聞 うた変。』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1830.html
典侍を誘拐した犯人は設定盛り過ぎ残念貴公子! D・キッサン『千歳ヲチコチ』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1621.html



「項羽と劉邦 鴻門の会 [DVD] 」
「ヴォイニッチ写本の謎」
「中世彩飾写本の世界」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。