Entries

不当な行いに怒った馬商人が立ち上がる! 仏独合作映画『バトル・オブ・ライジング』

どうも。馬頭です。
もらったうどんがもうちょいあるので、今年は年末までうどんばっかりで過ごすことになりそうです。

それはともかく。

バトル・オブ・ライジング_DVD

『バトル・オブ・ライジング』

(ドイツ・フランス合作映画。監督/アルノー・ドゥ・パリエール。出演/マッツ・ミケルセン、デルフィーヌ・シュイヨー、ブルーノ・ガンツ、ロクサーヌ・デュラン、ドニ・ラヴァン、2013年。122分。)
「16世紀のフランス。馬商人のミシェル・コラースは馬を売りに行く途中、ある領地を通過しようとしたが、領主の男爵が代替わりしたことによって、不当な担保として黒馬を2頭預けることになってしまう。しかも、男爵の横暴によって従者のセザールは犬に傷つけられ、馬も使い潰されてしまう。憤慨するコラースは男爵を裁判で訴えるのだが、宮廷にいる男爵の親族がこれを妨害。直訴しようとした最愛の妻ジュディットも殺されてしまう。事ここにいたりコラースは失われたもののために、男爵の館を襲撃することにするのだが・・・」


18〜19世紀のドイツの作家ハインリヒ・フォン・クライストが史実をもとにして書いた作品「ミヒャエル・コールハース」の映画化作品です。

ドイツ・フランスの合作ということですが、会話はフランス語らしい。なので、人名は「ミヒャエル・コールハース」ではなく、「ミシェル・コラース」になってしまっています。
男爵の横暴によって不当な扱いを受けた上に、妻まで死んでしまった馬商人の戦いを描きます。
これ、ハリウッド映画なら、機転とアクションで悪い領主を倒して終わり、という感じになるでしょうが、これは全然派手なことにならず、淡々と話が進んでいって静かにじっくり主人公の不幸と苦悩が描かれます。俳優かっこいいし、いい演技してます。
日本人的には、説明が全然ないので状況がよくわからないのも問題ですが、翻訳が怪しいのもちょっと・・・。てか、これの販売はまたトランスフォーマーですよ! こういうマイナーなのをやってくれるのは嬉しいんだけど、もうちょいちゃんとして欲しい。サービス精神が足りないというか、いいものを作ろうって感じじゃないのが残念。

主役は「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のロシュフォール隊長役とか、「ハンニバル」TV版のレクターとかのマッツ・ミケルセン。てか、この人、この前紹介した「ヴァルハラ・ライジング」でも主役やってたな。またライジングかよ!
主人公コラースの友人の総督役をブルーノ・ガンツがやってます。

参照サイト
AGE OF UPRISING : THE LEGEND OF MICHAEL KOHLHAAS 英語公式サイト
http://www.musicboxfilms.com/age-of-uprising--the-legend-of-michael-kohlhaas-movies-78.php
Hans Kohlhase(Wikipedia)
http://de.wikipedia.org/wiki/Hans_Kohlhase
バトル・オブ・ライジング コールハースの戦い(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0_%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ミヒャエル・コールハース(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%92%E3%83%A3%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B9
ハインリヒ・フォン・クライスト(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88

関連記事
囚われの身から逃れた隻眼の戦士がヴァイキングとともに聖地を目指すのだが・・・。『ヴァルハラ・ライジング』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1353.html
宗教対立が高まる16世紀フランスの青年士官の活躍。プロスペル・メリメ『シャルル九世年代記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-7.html
戦争に翻弄された1人の男の人生。三十年戦争が舞台の古典小説復刊。グリンメルスハウゼン『阿呆物語』全3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-372.html
17世紀のスコーネ戦争を題材にした北欧映画『ロード・オブ・ウォリアーズ(The Road of the Warriors)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-330.html
台湾原住民セデック族の抗日蜂起・霧社事件を題材にした良作。ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1699.html
18世紀スロバキアの実在した義賊の活躍を描く映画。『バンディット 前編・義賊ヤノシークの誕生』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1232.html



「古文書の中のフィクション―16世紀フランスの恩赦嘆願の物語 (平凡社選書)」
「契丹国―遊牧の民キタイの王朝 (東方選書)」
「芙蓉千里 (バーズコミックス スペシャル) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる