Entries

血なまぐさいひと騒動のあとに、ついに京都についた浪士組一行だが・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第10巻

どうも。馬頭です。
先日起きた書籍流は一瞬前まで自分の頭があった枕の上に直撃でした。30冊くらい。たまたま避けたけど、ほんとギリギリ。今度からは気をつけて積まないといけませんね。

それはともかく。

アサギロ(浅葱狼)第10巻_ヒラマツ・ミノル

『アサギロ(浅葱狼)』第10巻

(ヒラマツ・ミノル。小学館。少年サンデーコミックスゲッサン。2014年。457円。)
「浪士組から別働隊を組んで先頭を歩かされることになった近藤勇と芹沢鴨らは、案内人によって攘夷志士たちが待ち構える山中にまで連れて行かれてしまう。幕臣・山岡らの策略にハメられた彼らだったが、まるでひるむこともなく戦いへと突入する・・・!」


ヒラマツ・ミノル氏による新撰組漫画の第10巻。もう10巻ですよ。それなのにやっと京都到着とか! でも、盛り上がってまいりました!

これ、去年の8月に出た単行本なのに、ずっと記事書かないで放置してたけど、はやくしないと来月には次の巻でちゃいますから、とりあえず。
京都に向かう浪士組が途中で幕臣たちの罠にはめられる話と、あと京都・壬生の八木邸についてからの話です。
危険な道を進むことになるから、先導する別働隊を組むように山岡に言われた芹沢と近藤。芹沢のチーム3人と近藤に代わって参加した土方ら試衛館のメンバー3人、あと粕谷新五郎で構成された別働隊ですが、道案内をしてくれるという地元農民に騙されて、山中の行き止まりまで連れて来られてしまいます。そこで待ち構えていた志士たちは、やる気満々で彼らを取り囲むのですが、なんというか相手が悪すぎでした。逆にあっさり斬られまくる志士たち。その中には、襲撃に参加していた岡田以蔵もいたのですが、まったく平静な沖田総司に軽くあしらわれてしまいます。
こうして、一戦した上で、今回の浪士組が簡単な話じゃないのがわかってきた一行ですが、そのあとやっと京都に到着します。
京都では八木邸の一家が迷惑なこの客たちをイヤイヤながら受け入れていくことになりますが、先が思いやられる展開。でも、なんかそれはそれで楽しみですね。
次の巻あたりで清河八郎による浪士組の江戸帰還と、残留組による新選組の結成のところまでって感じになるのかな?
高杉晋作がなんかいい面構えで登場してますし、たくさん絡んできて欲しいですね。



「アサギロ~浅葱狼~ 」11巻


参照サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
粕谷新五郎(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%95%E8%B0%B7%E6%96%B0%E4%BA%94%E9%83%8E
八木邸(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E9%82%B8

関連記事
上京する浪士組。しかし道中で芹沢鴨が問題を起こし・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1728.html
清河の献策で浪士組が結成されることになり・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1610.html
捕らえられた自分を斬った男に対して近藤は・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1465.html
書き置きを残して志士たちを殺す謎の男が新たに狙うのは・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1320.html
沖田総司との勝負を望む藤堂平助だったがなぜか弟子入りすることになってしまい・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1133.html
天然理心流の噂を知った永倉新八が試衛館へとやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1013.html
惣次郎に興味を持った山南が試衛館にやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第2巻と3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-885.html
新選組の主要メンバーが集った試衛館の跡地に行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-877.html
まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-853.html
強いが認められない苦悩を抱く斎藤一が主人公の漫画。下元智絵&デビッド・宮原『シャウト 〜新選組』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1801.html
幕末メインで歴史ものを6本集めた短篇集。篠原烏童『浅葱の風音(あさぎのかざおと)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1857.html
大政奉還が行われ、暗躍した坂本龍馬が標的とされるようになり・・・。渡辺多恵子『風光る』第35巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1746.html



「星に惹かれた男たち 江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬」
「非常ノヒト (2) ─ 鬼外カルテ (14) (ウィングス・コミックス)」
「非常ノヒト (3) ─ 鬼外カルテ (14) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる