Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊徳合体のため家康と秀頼は会見するのだが・・・。山田芳裕『へうげもの』第19巻

どうも。馬頭です。
ここ最近、日曜日になにもやってない。無駄日曜だ。

それはともかく。

へうげもの第19巻_山田芳裕

『へうげもの(ひょうげもの)』第19巻(19服)

(山田芳裕。講談社。モーニングKC。2014年。552円。)
「豊徳合体が実現することとなったが、家康も豊臣側もそのまま和解ということとはならず、衝突へと向けて事態は進み始める。豊富恩顧の武将たちが次々と欠けて行く中、古田織部は・・・」


戦国時代の武将にして文化人で、織部焼の創始者・古田織部が、自らの数寄を極めようとする漫画の第19巻です。

もしかしたら豊臣と徳川の和解がなるのかも、と思わせつつも、やっぱりもう大阪の陣は避けようがない状況へと突き進んでいきます。
古田織部が裏でフィクサー的活躍をしてますが、どうにもこうにも。
そろそろエンディングが近くなってきたって感じですが、大阪の陣がはじまっても、まだ結構いろいろありそうだな。実はあと5巻6巻くらいは出そう?

参照サイト
へうげものofficial blog
http://hyouge.exblog.jp/
モーニング 講談社
http://www.e-1day.jp/morning/magazine/
NHKアニメワールド 「へうげもの」
http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/
古田重然(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%B0%E9%87%8D%E7%84%B6
後陽成天皇(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E9%99%BD%E6%88%90%E5%A4%A9%E7%9A%87
ヌルハチ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%81
方広寺(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E5%BA%83%E5%AF%BA
大鳥逸平(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E9%80%B8%E5%B9%B3

関連記事
いままでの数寄が通じない島津家久と琉球王の接待を任されることになり・・・。山田芳裕『へうげもの』第18巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1776.html
平和を守るため徳川と豊臣の和解へ向けて動く織部たちだったが・・・。山田芳裕『へうげもの』第17巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1675.html
関が原後も残った徳川と豊臣の危険な対立の中で古田織部は・・・。山田芳裕『へうげもの』第16巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1471.html
関ヶ原の戦いの中でもひょうげまくりの戦国武将たち! 山田芳裕『へうげもの』第15巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1286.html
上杉討伐のため東へと向かう家康。古田は佐竹の説得を頼まれるが・・・。山田芳裕『へうげもの』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1143.html
太閤・秀吉亡きあと、古田は石田と徳川の両方と器用に付き合っていくのだが・・・。山田芳裕『へうげもの』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-921.html
戦国時代の武将たちがマニア道を命がけで語るひょうげた漫画『へうげもの』は最高のかぶき者漫画
http://xwablog.exblog.jp/7239549
切腹を命ぜられ死に臨んでもなお、茶道を貫く茶鬼・利休に対し、古田は・・・。山田芳裕『へうげもの』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-140.html
命がけでお茶を飲む。生き様としての茶道を貫いた大名たち。西崎泰正&工藤かずや『闘茶大名 利休七哲』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1372.html
家族と引き離されてばかりの人生だった江姫。田渕久美子&暁かおり『江 姫たちの戦国』第5巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1442.html
豊臣方寄りで詳細に描く冬の陣の漫画。田仲哲雄&吉本健二『大坂冬の陣 真説』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1620.html



「ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)」
「満蒙 日露中の「最前線」 (講談社選書メチエ) 」
「天命は易ったか 清の太祖アイシンギョロ・ヌルハチ 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。