Entries

また一皮むけて強敵・魏火龍を撃破! そして新時代へ・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第37巻 これからの戦国

どうも。馬頭です。
なんか眠れずにいて昨日は30分しか寝れないで会社行ったら午前中酷い感じになりました。

それはともかく。

キングダム_第37巻_原泰久

『キングダム(KINGDOM)』第37巻 これからの戦国

(原泰久。集英社。ヤングジャンプコミックス。2014年。514円。209ページ)
「著雍の戦いで魏軍相手に苦戦する秦軍。しかし、信の飛信隊や王賁の玉鳳隊といった若い武将たちの策と奮戦が勝機を作り出す。槍の名手・紫伯の絶技に圧倒される王賁も、ある決意を持ってこれにあたり・・・」


秦の大将軍・李信の若き日の活躍と成長を描く戦国時代末期の中国史漫画「キングダム」の37巻です。作者は原泰久(はらやすひさ)氏。

魏火龍という明らかに格上の武将たち相手に、信や王賁たち若い武将たちが敢然と立ち向かい、ついにはこれを打ち破ります。河了貂の策が上手くいったというのもありますが、凄まじい勢いを見せた二人が、またひとつレベルを上げた戦いでしたね。
魏軍の指揮官・呉鳳明は、命からがら逃げることになりますが、最後のアレは酷いww。でも、呉の他にもやっかいな武将が死んでないから、このあとの魏との戦いもまだまだ簡単にはいかなそうですね。
とりあえず著雍の戦いは終結。
次の展開は、秦王政の母親・太后の話。愛人の嫪毐(ろうあい)とともに反乱を起こしてしまうという、秦国にとって、よりによってこんな時期に・・・ということをやってくれます。これには最前線の飛信隊も巻き込まれていくことになりそうです。

参照サイト
ヤングジャンプ
http://yj.shueisha.co.jp/
キングダム 一騎闘千の剣
http://www.konami.jp/products/kingdom/
NHKアニメワールド キングダム
http://www9.nhk.or.jp/anime/kingdom/
始皇帝(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%8B%E7%9A%87%E5%B8%9D
李信(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E4%BF%A1
魏 (戦国)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F_(%E6%88%A6%E5%9B%BD)
ロウアイ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%82%A4

関連記事
無類の強さを誇る魏火龍たちに苦戦する中、河了貂が攫われてしまい・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第36巻 新生玉鳳隊
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1867.html
囚われた皇弟を助けるため攻城戦の混乱の中で急ぐ信は・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第35巻 剣と盾
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1803.html
羌瘣の帰還。そして秦の王宮での不穏な対立が危険な事態を引き起こし・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第34巻 別の道
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1765.html
函谷関の戦いついに決着! そして物語は羌瘣の仇討ちへ・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第33巻 不抜
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1718.html
秦王自らが戦場に出て戦うほどのギリギリの戦いの果てに・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第32巻 開く城門
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1662.html
まだ負けちゃいない! 秦王・政が人々を導く決戦の開始。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第31巻 政、語りかける
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1594.html
最大の危機が去ったと思ったら・・・。しかも最悪の敵が登場! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第30巻 麃と飛
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1509.html
蒙武軍の大奮闘! 楚軍総大将との最強決定戦がド迫力です! 原泰久『キングダム(KINGDOM)』第29巻 至強
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1468.html
怨念に満ちた趙軍の攻撃に信は戦いの意味を見出す・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第27巻 人間全て
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1309.html
函谷関で各国最上級の将たちがぶつかりあう激戦がはじまる。・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第26巻 王騎が認めた男
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1231.html
六カ国による合従軍が迫る中、秦国は総力をあげてこれにあたり・・・。原泰久『キングダム(KINGDOM)』第25巻 迫り来る合従軍
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1145.html
古代にここまで考えた戦うための全て。学研・歴史群像 グラフィック戦史シリーズ『戦術戦略兵器事典 1 中国古代編』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-386.html
呉国にやってきた孫武が登用されるまでの話。ももなり高『孫子』第1巻 孫武の巻
http://xwablog.exblog.jp/10103428
古代中国史の逸話を元にした短編集。新伊秀策『色歌(SHIKIKA) 連作短編集』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-508.html
大将軍になることを夢みる少年の戦いと成長。原泰久『キングダム(KINGDOM)』現在12巻まで
http://xwablog.exblog.jp/10076351/
北宋建国による中国統一の時代にいた、とある武家の物語を描く。北方謙三&長沢克泰『楊家将(ようかしょう)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-552.html



「犬将軍―綱吉は名君か暴君か」
「ルネッサンス史」
「ペルシア帝国と小アジア: ヘレニズム以前の社会と文化」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる