Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプル騎士団の興亡を紹介する一冊。篠田雄次郎『聖堂騎士団』

明後日、ウチの部屋に水道管の掃除の人が来るんですが、この汚い水回りを見せるの? てな感じなんで、明日までには掃除しないと・・・。しかも、これのために仕事休まないといけないし。日曜に来てくれよ!

それはともかく。

聖堂騎士団_篠田雄次郎

『聖堂騎士団』
(篠田雄次郎。中央公論社。中公新書452。1976年。188ページ)
1 東征前夜
2 十字軍の東征
3 近代的組織の発生
4 聖堂騎士団の組織
5 栄光と壊滅
あとがき

いわゆるテンプル騎士団を扱った本です。レアもの。この本は昔、大船の松永堂書店で100円で買ったのでした。
十字軍の聖地エルサレム占領によって生まれることになった宗教騎士団のひとつであり、もっとも有名であり、最大の勢力を誇り、そしてフランス王フィリップ4世によって壊滅させられてしまった、という劇的な話がいいですよね。

どうでもいいことですが、「聖堂騎士団」でググルと「マビノギ」の方が多くヒットします。


参照サイト
中央公論社 中公新書
http://www.chuko.co.jp/shinsho/
テンプル騎士団(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3
無料オンラインゲーム マビノギ
http://www.mabinogi.jp/

関連記事
エルサレムを守る騎士バリアンの活躍。リドリー・スコット『キングダム・オブ・ヘブン』
http://xwablog.exblog.jp/7856096
ドイツ騎士団などによる北方十字軍についての記事も載ってます。『歴史群像』2008年4月号 no.88
http://xwablog.exblog.jp/8170006
読み直して再発見。ドイツ騎士団形成の理由と結果。山内進『北の十字軍 ヨーロッパの北方拡大』。
http://xwablog.exblog.jp/10128890


「Poland a Historical Atlas」(Iwo Pogonowski)、「Historical Atlas of Central Europe (History of East Central Europe, Vol. 1, 1)」(Paul Robert Magocsi)、「Poland: An Illustrated History」(Iwo Cyprian Pogonowski)


  
「Medieval Polish Armies 966-1500 (Men-at-Arms)」(David Nicolle)、「The Scandinavian Baltic Crusades」(David Lindholm)、「Teutonic Knight: 1190-1561 (Warrior)」(David Nicolle)



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。