Entries

1997年当時の中欧・東欧事情の小ネタと面白ネタ。別冊宝島『中欧世紀末読本―今よみがえる「ハート・オブ・ヨーロッパ」』

どうも。馬頭です。
この前結婚式の二次会に参加するためにスーツ買ったので、今月はえらい金欠。それで外食は一切やめてたんですが、今日、値段的に安くすむので、マクドナルドで久々に食べました。ほんと久々。チキンクリスプ食べた。

それはともかく。

『中欧世紀末読本―今よみがえる「ハート・オブ・ヨーロッパ」』宝島社

『中欧世紀末読本―今よみがえる「ハート・オブ・ヨーロッパ」』

(宝島社。別冊宝島WT。Wonderland Traveller13。1997年。1300円。246ページ)
PART1 中欧「文化」最新事情
PART2 中欧をしゃぶりつくせ!
PART3 中欧・センチメンタル・ジャーニー
PART4 裸のセントラル・ヨーロッパ
PART5 封殺された「歴史」の断片


当時の中央ヨーロッパの事情を集めた本。てか、中欧といいつつ東欧も含まれてたりします。
怪しいものからいい加減なものまでいろいろ。観光・食事・性風俗など多し。

ハンガリーネタでは、近代競馬史上最強の馬・キンツェムの話とか。
ハンガリーの話が多目な感じですね。

参照サイト
宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
http://tkj.jp
中央ヨーロッパ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91
キンチェム(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%A0

関連記事
綺麗なカラー写真とともにハプスブルク家の歴史を綴る。池内紀&南川三治郎『ハプスブルク物語』(とんぼの本)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-131.html
注文してから半年がかりで届いた洋書の歴史地図本。『Historical Atlas of Central Europe(中央ヨーロッパの歴史地図)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-278.html
東欧史の概説書としてまとまってるのがありがたい。山川出版社『世界各国史13 東欧史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-167.html
歴史上の重要な戦いをピックアップ。新人物往来社『別冊歴史読本 第21号 特別増刊 総集編 世界の戦史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-308.html
ブダペストに焦点をあてたハンガリー史の本。南塚信吾『ブダペシュト史―都市の夢』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1601.html
読んでて楽しく、見てて欲しくなる、ドイツ・チェコ・ハンガリーの雑貨。チャルカ(久保よしみ&藤山なおみ)『チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-606.html
ヨーロッパ各地で使用される言語の現状を紹介。田中克彦&H・ハールマン『現代ヨーロッパの言語』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-253.html



「ハンガリーを知るための47章 エリア・スタディーズ」
「フランス敗れたり」アンドレ・モーロワ著。
「エルミタージュ―波乱と変動の歴史 (遊学叢書) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる