Entries

計画はグダグダだけど、2年ぶりにやってきた手賀沼・利根川・印旛沼・佐倉城。20150505

どうも。どんどん行き詰まってきてる馬頭です。

それはともかく。
ゴールデンウィーク中は一回だけロードバイクで遠出しました。
今回は、二年前にケガをした、そして現在も病院通いしてる原因となった土地である手賀沼・印旛沼を周るコースにしました。てか、前に行ってから2年振りだったのか。
しかも、計画がグダグダだったので、当日にどこに行くか決めて、家を出発したのが昼の12時という、のんびり過ぎる始まり方です。
さすがにこの時間から水戸街道登ってっくような余裕はないので、柏駅まで電車で行くことに。でも、山手線を使うのは混みそうなので、日暮里までは自転車で行って、そこで一度分解して電車に乗りました。

手賀沼印旛沼20150505_01

手賀沼

柏駅からよりか北柏駅からの方が手賀沼には近いのですが、急行は柏の方だけしか止まらないようなので、乗り換えるのもなんですし、柏駅を降りて自転車を組立てて走り始めました。そんな大した距離ではないのですぐ手賀沼まで到着。
あまり自転車で走っている人はいませんでしたが、いい陽気なので歩いている家族連れとかはたくさんいました。
写真は手賀沼と手賀川の間の手賀曙橋。柏からここまでゆっくり走っても30分あれば来れます。


手賀沼印旛沼20150505_02

印旛沼

実はこの日は風が強い日で、しかも手賀沼から走ってる間、ずっと逆風でした。利根川に入った時に、予定とは逆に上流方向に向かえばよかったのですが、予定通りにしたかったので印旛沼の方へ。ちなみに、天気予報だと追い風になる予定だったんですが、なんでこうなった。
この日はほんと天気は良かった。GW前に聞いた予報だと5日は雨のはずだったんだけどなぁ。
写真は北印旛沼。
ちなみにこの日は、前に通らなかった道を使って利根川から印旛沼に向かいました。前使った道は酷かったので。


手賀沼印旛沼20150505_03

印旛沼捷水路

北印旛沼と西印旛沼を繋ぐ捷水路は、相変わらず千葉の平野にあるとは思えない風景で素敵。


手賀沼印旛沼20150505_04

ナウマン象発見の碑

この水路沿いにあるナウマン象発見の碑文のところはまた見てしまう。


手賀沼印旛沼20150505_05

風車 リーフデ

西印旛沼に出て、ナウマン象の像がある公園でちょっと休んでから、南岸側を走って風車のところまで、というパターンどおりのコース。なんか、すぐ着いてしまった。
印旛沼沿岸にある風車は、前はちゃんと見なかったので、今回は近づいてみました。しかし、中が見れるのは16時までで、ぎりぎり間に合いませんでした。残念。
この風車、佐倉藩が蘭癖の土地という理由付けがあったみたいです。オランダの職人さんを呼んで建てたとか。「リーフデ」って名前付けてあるみたいですが、あのリーフデ号にちなんでるのか?


このあとは歴史民俗博物館がある佐倉城の敷地まで入って、そのまま京成佐倉駅から帰宅しました。

遠出でガッツリ走りたかったGWでしたが、結局結構軽めのひとっ走りという感じのものになってしまいました。トータル64km、実質走行時間は三時間くらいでしょうか。いつも荒川河口まで走ってるのとたいして違いがないレベルでしたが、久々にこのコース走れて楽しかったです。


参照サイト
手賀沼(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E8%B3%80%E6%B2%BC
伝えよう 手賀沼を(柏市教育委員会)
http://www.edulab.kashiwa.ed.jp/eduweb/teganuamweb/
長門川 とは - (コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E9%95%B7%E9%96%80%E5%B7%9D
ナウマンゾウ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6
印旛沼(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E6%97%9B%E6%B2%BC
いんばぬま情報広場
http://inba-numa.com
ナウマンゾウ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6
利根川東遷事業(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E6%A0%B9%E5%B7%9D%E6%9D%B1%E9%81%B7%E4%BA%8B%E6%A5%AD
下総台地(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E7%B7%8F%E5%8F%B0%E5%9C%B0
谷戸(谷津田)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E6%88%B8
佐倉城(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E5%80%89%E5%9F%8E
国立歴史民俗博物館
http://www.rekihaku.ac.jp
佐倉城址公園について 佐倉市
http://www.city.sakura.lg.jp/0000000987.html
堀田正睦(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E7%94%B0%E6%AD%A3%E7%9D%A6
印旛放水路(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E8%A6%8B%E5%B7%9D
リーフデ号(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%87%E5%8F%B7

関連記事
千葉の水辺を堪能。手賀沼・利根川・印旛沼・検見川下り。20130623
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1574.html
雨続きでしたが晴れたので、ロードバイクで霞ヶ浦を一周してきました。20140615
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1784.html
高崎まで行ってきました。高崎城址と深谷城址
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1547.html
佐倉市の巨大な博物館・国立歴史民俗博物館の企画展示「縄文はいつから!?」に行ってきました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-333.html
佐倉市の第11回佐倉・時代祭りに行ってきました。その1・まずは武家屋敷
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-41.html



「リーフデ号の人びと:忘れ去られた船員たち」
「伊四〇〇と晴嵐全記録 (WWセレクションピクトリアル)」
「それからの三国志 下巻 諸葛孔明亡き後の三国の興亡 (ロマン・コミックス) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる