Entries

身も心も憔悴する過酷な籠城戦をシャールカたちは戦い抜く! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第4巻

どうも。一日に2個もドーナツ食べるのはヤバイなぁ、と思って、24時を越えてからもう一個食べた馬頭です。
セブンイレブンのチョコドーナツ、気に入ってます。

それはともかく。

大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第4巻

『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第4巻

(大西巷一。双葉社。アクションコミックス。2015年。620円。189ページ)
「プラハの南に聳えるヴィシェフラト城に立て篭もる、フシェムベラ率いるカトリック軍。ここを何としても陥落させたいフス派だったが、騎士と農民の連携も取れないまま、極めて堅牢な城塞を相手に籠城は長引くばかりだった。そこで、水没した狭い坑道からシャールカをはじめとした子どもたちを送り込むことで、少数の精鋭を引き入れることに成功したのだが・・・」


15世紀のチェコ(ボヘミア)で起きた「フス戦争」を題材とした漫画「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」の第4巻です。作者は「女媧 JOKER」「曹操孟徳正伝」「ダンス・マカブル」「おてんば珠姫さま!」の大西巷一氏。

4巻ではヴィシェフラト城の攻囲戦がメインとなっています。
十字軍は撃退したものの、フス派内部では、味方の騎士と農民が身分の違いから心がバラバラだし、ボヘミアの反フス派は同盟し、さらに再び十字軍がやってくるかもしれない、という厳しい状況の中で、プラハのすぐ側に建つヴィシェフラト城は、カトリック側の僅かな守備隊が立て籠もっていて、フス派の攻撃に対して頑強に抵抗し続けています。この要衝をなんとしても落としたいわけですが、普通に攻めてもダメで、さらに天才工学者キーザーの孫娘リーゼロッテが作ったヘンテコ攻城兵器たちも失敗に終わり、さらに城壁を地下から崩す坑道も失敗してしまいます。
そこで、敵のせいで水没してしまった坑道を、キーザー考案の水中歩行服を使い、内部に侵入しようということになります。坑道は狭いため、子どもしか送り込めないわけですが、そこにはシャールカも加わり、なんとか潜入してイスクラたちわずかな精鋭を引き入れることに成功しました。
しかし、敵の対応は素早く、城門を内側から開けることはできず、場内の塔のひとつに籠城することになってしまいます。包囲の中に包囲があるややこしい状況ですが、この状態は何ヶ月も続くことに・・・。

そんな感じでこの籠城戦は、これまでの戦いの中でも特に辛い状況になってますが、シャールカの奮闘とヤン・ジシュカの天才的采配が見事な、見せ場の多い巻でしたね。


「涙の乙女 大西巷一短編集 (アクションコミックス)」

双葉社からは、この「乙女戦争」4巻と同時発売で、短篇集の「涙の乙女」も発売されてました。


参照サイト
LA GROTTA (ラ・グロッタ)(大西巷一)
http://ohnishikoichi.jimdo.com
大西 巷一 (kouichi_ohnishi) on Twitter
https://twitter.com/kouichi_ohnishi
月刊アクション | WEBコミックアクション
http://webaction.jp/monthly_action/
ちなみに双葉社のサイトで冒頭11ページを試し読み可。→「乙女戦争」試し読み
http://webaction.jp/monthly_action/sample/ma7_04.html
ターボル戦記 ~フス戦争の記録~
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kolvinus/tabol/top.htm
フス戦争(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%88%A6%E4%BA%89
フス派(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%B4%BE
ヤン・ジシュカ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AB
John Jiskra of Brandýs(Wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Jiskra_of_Brandýs
ターボル (チェコ)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB_(%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3)
The Hussites of Bohemia(英語)
http://myweb.tiscali.co.uk/matthaywood/main/Hussites.htm
Čeněk of Wartenberg(Wikipedia)英語
http://en.wikipedia.org/wiki/Čeněk_of_Wartenberg
Konrad Kyeser(Wikipedia)英語
http://en.wikipedia.org/wiki/Konrad_Kyeser
ヴィシェフラット(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88

関連記事
勢いに乗るフス派。だが、ヤン・ジシュカに暗殺者の魔の手が伸びる! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1871.html
シャールカたちは新しい戦い方で10万の大軍に立ち向かう! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1767.html
フス戦争が舞台の「銃×少女」の物語。大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1713.html
フス戦争が舞台の「乙女戦争」も連載開始! 『月刊アクション』2013年7月号(創刊号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1550.html
ロザリアとローザは裏切りによって捕われてしまい・・・。滝沢聖峰『ばら物語 Tale of Rose Knight』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-750.html
ヨーロッパのど真ん中で個性的な輝きを放つ国の物語。薩摩秀登『物語 チェコの歴史 森と高原と古城の国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-120.html
マラーを暗殺したコルデーと彼女を処刑したサンソンの交流を描く話が凄く良かった。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-970.html
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
残虐な拷問と処刑が溢れかえる歴史の闇の中で・・・。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-647.html
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女媧(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
いつも劉備の敵役にされていた曹操を主人公にした漫画。大西巷一『曹操孟徳正伝』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/10006115
ついに恐るべき砦が陥落する時がやってきた! 久慈光久『狼の口(ヴォルフスムント)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1843.html
ジェノヴァの弩兵を相手に巧妙な戦いを繰り広げるのだが・・・。トミイ大塚『ホークウッド(HAWKWOOD)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1881.html
今度は堕ちた騎士がスコットランド国境で叔父の城を守る籠城戦。『アイアンクラッド ブラッド・ウォー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1870.html



「ヤン・フス ジャンヌ・ダルクの霊言―信仰と神の正義を語る (OR books)」。おおう・・・マジか・・・。
「近世軍事史の震央―人民の武装と皇帝凱旋」
「プラハ迷宮の散歩道 (BOOKS)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる