Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中で彼らを追うのは伝説的な熊撃ちで・・・。野田サトル『ゴールデンカムイ』第3巻

どうも。部屋がゴミだらけの馬頭です。
冷蔵庫が壊れてしまったのですが、部屋が汚くて業者さんも呼べないのでたぶん夏までこのまんま。夏にアイスどころか冷たい飲み物もないとかヤバイな。

それはともかく。

野田サトル『ゴールデンカムイ』第3巻

『ゴールデンカムイ』第3巻

(野田サトル。集英社。ヤングジャンプコミックス。2015年。514円。)
「捕らわれた杉元佐一を助けるため脱獄王の白石と手を組んだアイヌ人の少女・アシㇼパ。殺される寸前に潜入に成功した白石の助けで、窮地を脱したが、山に隠れる彼らを追う影が。元マタギの谷垣と、熊撃ちとして知られる二瓶鉄造の2人が、アシㇼパの連れている巨大な狼レタㇻを狙いはじめる・・・」


「ゴールデンカムイ」の第3巻が発売になりました。作者は「スピナマラダ!」の野田サトル氏。
日露戦争帰還兵の「不死身の杉元」と、アイヌ人の少女・アシㇼパが、隠された砂金を見つけ出そうとする漫画です。

杉元は捕まってたわけですが、アシㇼパたちのおかげで、鶴見中尉のところからなんとか脱出。
2人は山の中に潜伏して食糧として鹿狩りなんかをやってますが、そんなことしてる間に、アシㇼパの連れている狼の生き残り、レタㇻを狙う2人、以前見逃してやった元マタギの谷垣と、さらに凄腕の猟師である二瓶鉄造がやってきてしまいます。
二瓶鉄造がなかなかとんでもないキャラなんですが、さらに彼にはもうひとつ重要な役割があって、話がさらにおもしろくなりましたね。
あと、そうこうしてる間に生き残っていた元新撰組副長・土方歳三が動き出してて、囚人たちの動きも気になります。
バトルの容赦なさがいちいちカッコイイのですが、あと、やはり民俗学的な話やグルメネタなんかも興味深い話が多くていいですね。

はじめの部分は集英社のサイトで試し読みできます。オススメなので是非。

参照サイト
野田サトルのブログ
http://723000451898910026.weebly.com
野田サトル (@satorunoda) | Twitter
https://twitter.com/satorunoda
週刊ヤングジャンプ公式サイト
http://youngjump.jp
ゴールデンカムイ | 週刊ヤングジャンプ公式サイト
http://youngjump.jp/web_comic/goldenkamui/1/
アイヌ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C
第7師団 (日本軍)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC7%E5%B8%AB%E5%9B%A3_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D)
網走刑務所(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%B2%E8%B5%B0%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80
桜鍋(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E9%8D%8B
トドマツ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%84
サルナシ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%B7
エゾオオカミ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%9F

関連記事
第七師団の精鋭が迫る中、杉元はアイヌの村へと招待され・・・。野田サトル『ゴールデンカムイ』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1907.html
北海道の大自然の中で隠された金塊を求めて凄惨な戦いがはじまる。野田サトル『ゴールデンカムイ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1895.html
開拓されゆく蝦夷地に現れた巨大熊を追う青年の戦い。村上もとか『獣剣伝説』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1109.html
熊と人間たち関係の歴史を紹介する。ベルント・ブルンナー『熊 人類との「共存」の歴史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-707.html
アイヌの歴史をわかりやすく紹介する一冊。平山裕人『ようこそアイヌ史の世界へ アイヌ史の夢を追う』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-538.html
義経の遺児が極東地域で北条氏の陰謀と戦う変なノリの漫画。安彦良和『安東(アントン)』全3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-490.html
アイヌ人たちと江戸時代の北方諸藩との関係など。浪川健治『近世日本と北方社会』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-399.html
いままで抱いていたアイヌ観を変える様な一冊。瀬川拓郎『アイヌの歴史 海と宝のノマド』講談社選書メチエ
http://xwablog.exblog.jp/7924147
かつての弟を恋する少女が、テロ活動に協力する。高丘しずる『エパタイ・ユカラ 愚者の闇』
http://xwablog.exblog.jp/9043407
カラス討伐やスッポン釣りなど、狩って喰って楽しい猟師生活。岡本健太郎『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1493.html
20世紀初頭の秋田で熊を狩る男たちの物語。熊谷達也&近藤佳文『新約マタギ伝 邂逅の森』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-875.html



「エシカルンテ(1) (イブニングKC)」
「三田一族の意地を見よ ~転生戦国武将の奔走記~ 1 (MFブックス)」
「ヴォイニッチホテル 3 (ヤングチャンピオン烈コミックス)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。