Entries

印象的なエピソードの揃った近現代のさまざまな海戦を描く。黒井緑『赤城と比叡』

どうも。馬頭です。
友達と行きたいところがあるのに行けない状況でいろいろ焦ります。

それはともかく。

黒井緑『赤城と比叡』

『赤城と比叡』

(黒井緑。白泉社。2015年。780円。119ページ)
「1914年、第一次世界大戦当時、ドイツ海軍の潜水艦U9は、イギリスからの陸兵の揚陸を警戒すべくベルギー沿岸を航行していた。そんな中、嵐をやり過ごしたあとに現れたのは、イギリスの三隻の軽巡洋艦だった。艦長のオットー・ヴェディゲンは、自艦のみでの襲撃を決断する・・・」


近現代のさまざまな軍艦の戦いを独特な作風で描く黒井緑(くろいみどり)氏の単行本「赤城と比叡」が発売になりました。

この作家さんの作品は、サークル「無能社」の同人誌の「オットー・ヴェディゲンと三隻の装甲巡洋艦」を持っていたので知っていましたが、「楽園」で連載やってる分が単行本になるくらいたまってたんですね。出るの待ってました。本屋で出てるの気づけてよかった。

「オットー・ヴェディゲンと三隻の装甲巡洋艦」は、第一次世界大戦当時、まだそれほど重要視されていなかった兵器である潜水艦と、その艦長だったヴェディゲン大尉をはじめとした乗組員たちの話。22ページ。
「赤城と比叡」は、日清戦争の中の海戦・黄海海戦を、赤城と比叡メインで描く作品。16ページ。
「高い鼻」は、ドイツの潜水艦が、第二次世界大戦の後期に設置された新装備「シュノルヒェル」を使うことになる話。8ページ。
「商船と信号旗と軍令部長」は、有名な信号旗の逸話について話す2ページ漫画。
「サヴォナ沖海戦」は、第一次世界大戦の中、日英同盟の関係から地中海に派遣された、日本の駆逐艦が関わることになるサヴォナ沖海戦の話。6ページ。
「榊の奮戦」も、地中海で護送任務をしていた日本の駆逐艦が、オーストリアの潜水艦の襲撃を受ける話。11ページ。
「いさましいちびの土蛍」は、1940年のノルウェー沖で、海に落ちた船員の捜索をしていた駆逐艦グロウウォームが出会ったのは・・・という話。17ページ。
「本日夕立強シ。」は、1942年、ガダルカナル島での鼠輸送作戦の中で、二隻の敵艦と戦闘になった様子を夕立メインで描く作品。夜戦です。12ページ。
「All aboard!」は、予告漫画が6P分収録。

ページ数が少ないものも多いですが、その中で上手く濃密なストーリーを詰め込んでまとめています。どのエピソードも印象的で、これは非常に面白い海戦ものの漫画ですよ。特に第二次世界大戦以外のをたくさんやってくれてるのが嬉しいですね。はじめに読んで魅了された「オットー・ヴェディゲンと三隻の装甲巡洋艦」もいいですが、「赤城と比叡」の話も好き。これ、北洋艦隊側の話とかもやってくれないかな。
あと、どの話も、出てくるキャラクターたちがなんかカッコイイんですよね。これが海の男ってことか。

参照サイト
楽園 | 白泉社
http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol18/
オットー・ヴェディゲン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B2%E3%83%B3
黄海海戦 (日清戦争)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%B5%B7%E6%B5%B7%E6%88%A6_(%E6%97%A5%E6%B8%85%E6%88%A6%E4%BA%89)
シュノーケル (潜水艦) (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%AB_(%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6)
国際信号旗(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E6%97%97
樺型駆逐艦(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BA%E5%9E%8B%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6
上原太一(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E5%A4%AA%E4%B8%80
グローウォーム (駆逐艦)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)

関連記事
黄海海戦の勝利。そして次の目標のために連合艦隊が集結し・・・。江川達也『日露戦争物語 天気晴朗ナレドモ波高シ』第19巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1018.html
戦艦・三笠と城ヶ島。三浦半島を一周してきました。20140823
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1826.html
少女の魂を守護女神とした軽巡洋艦が活躍する。かたやままこと&中里融司『戦海のテティス』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1684.html
欧州派遣艦隊は無能な艦長のせいで危機に陥り・・・。野上武志&鈴木貴昭『蒼海の世紀 王子と乙女と海援隊』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-996.html
女の子だらけの通商破壊艦がインド洋で大活躍! 栗橋伸祐『黒鉄ぷかぷか隊』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-911.html
「モーニング・ツー」で速水螺旋人さんの新連載! 武器を持たずに戦争をする書類至上主義の面白戦争漫画『大砲とスタンプ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-710.html



「〈図説〉Uボート戦全史 (歴史群像シリーズ―欧州戦史シリーズ)」
「第一次世界大戦と日本 (講談社現代新書) 」
「日清戦争 (戦争の日本史19)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる