Entries

2人はふたたび将軍と軍師として戦場に・・・。緒里たばさ『王者の遊戯』第6巻(完結)

どうも。最近は論文あさりとかしてるけど、どう考えても積み本から読むべきな馬頭です。

それはともかく。

緒里たばさ『王者の遊戯』第6巻

『王者の遊戯』第6巻

(緒里たばさ。新潮社。バンチコミックス。2015年。600円。207ページ)
「天子のもとへと向かおうとする呂布の前に立ちはだかる蘭。しかし、呂布たちの力の前に倒れてしまう。そんなとき、劉備に背中を押された郭嘉がやってきて・・・」


三国志の郭嘉(かくか)と趙雲をメインにした漫画の最終巻です。作者は緒里たばさ(いおりたばさ)氏。連載は「月刊コミック@バンチ」及び、「ゴーゴーバンチ」。

最後はちょっと駆け足になってる感じですが、とりあえず官渡の戦いでエンディングを迎えます。
みんな、それぞれのペアでいい感じのエピソードが入ってて良かったんですが、沮授だけはちょっとかわいそう。
それにしても、「蘭」というのがそういう話につながるとは思いもしなかったです。設定もそうだけど、よくこういう面白いこと考えつくよなぁ。

参照サイト
熱血たばさ号(緒里たばさ)
http://tabasa.saloon.jp/
web@バンチ
http://www.comicbunch.com/
郭嘉(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%AD%E5%98%89
趙雲(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%99%E9%9B%B2
沮授(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%AE%E6%8E%88
文醜(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E9%86%9C
許攸(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%B1%E6%94%B8
典韋(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B8%E9%9F%8B
献帝 (漢)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AE%E5%B8%9D_(%E6%BC%A2)
荀攸(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%80%E6%94%B8
夏侯蘭(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E4%BE%AF%E8%98%AD

関連記事
蘭は記憶を失い郭嘉と離れ離れとなって・・・。緒里たばさ『王者の遊戯』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1809.html
袁紹から天子を殺せとの命令を受けた郭嘉と趙雲は・・・。緒里たばさ『王者の遊戯』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1679.html
郭嘉と趙雲のペアがともに袁尚の配下に・・・。緒里たばさ『王者の遊戯』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1542.html
軍師と将軍がペアになって戦う! 郭嘉が主人公の三国志漫画。緒里たばさ『王者の遊戯』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1405.html
曹操VS.袁紹。激戦!官渡の戦い。大西巷一『曹操孟徳正伝』第3巻、という記事
http://xwablog.exblog.jp/7720545/
いろんな作家が描く短編三国志漫画。沮授や夏侯淵や周泰などの話もアリ。『三国志に聞け!』英雄の肖像編
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1507.html
今まで読んできた中で最高の趙雲ものでした。黄十浪『雲漢遥かに ---趙雲伝』第2巻と3巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-777.html
四友も集まり曹丕も即位して、司馬懿もますます大変に! 末弘『漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1939.html
三国志が好きで好きでたまらない作者の中国旅行。三国志三昧の大冒険! 杜康潤『杜康潤のトコトコ三国志紀行』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1249.html



「雲漢遥かに-趙雲伝 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ) 」
「漢籍輸入の文化史―聖徳太子から吉宗へ (研文選書)」
「軍師姫 (1) (まんがタイムKRコミックス) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる