Entries

スコットランドに漂着したヴァイキングたちの逃避行と戦いを描く。『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』

どうも。馬頭です。
今更ながら重曹とクエン酸の威力を知って驚愕してます。服についた汚れがみるみる落ちるんですよ。

それはともかく。

『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』

『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』
(スイス・ドイツ・南アフリカ映画。監督/クラウディオ・ファエ。2014年。カルチュア・パブリッシャーズ。出演/トム・ホッパー、チャーリー・マーフィ、エド・スクライン、アナトール・トーブマン、ケン・デュケン、ライアン・クワンテン、ジェームズ・ノートン、レオ・グレゴリー、ほか。95分。)
「9世紀。ノルウェーでハーラル美髪王と対立したためイングランドのデーンロウへと逃げようとしていたアスビョルンら一行は、海上で嵐にあいスコットランド沿岸へと漂着してしまう。何もかも失ってしまった数人のヴァイキングたちは、ひょんなことでこの地の王国の姫・インゲンを捕虜としたのだが、ダンケイド王は最強の傭兵部隊を追手に差し向け・・・」


9世紀のスコットランドに漂着したヴァイキングたちが、敵中突破してイングランドへと向かう、という映画。邦題はまた酷いですが、原題は「ノースマン ヴァイキング・サガ(Northmen: A Viking Saga)」。TSUTAYAでレンタルやってたのでさっそく借りてきました。

ヴァイキングを主人公にした逃避行モノですが、思っていた以上に面白かったです。
ノルウェー本国でハーラル美髪王と争って敗れ、イングランドのデーンロウへと逃げることになったアスビョルンとその一党。しかし、北海を航行中に嵐にあい、目的地よりもっと北のスコットランド沿岸へと漂着してしまいます。
その後、途方にくれる彼らの前に現れた戦士たちを倒したことで、この地の王の娘、インゲン姫を捕まえるのですが、身代金をせしめることができるかと思いきや、追手を差し向けられてしまいます。
しかも、最強の傭兵たちはかなりのクセ者で、王の命令に反して姫を殺してしまおうと襲ってきます。
アスビョルンたちは、途中で出会った修道士に助けられたりしながら、ヴァイキングたちが支配する南の植民地「デーンロー」に向かって逃避行をはじめるのです。

ストーリーは単純ですが、逆にわかりやすくていいです。でも、ちょっと演出的にも設定的にも練れてない感じが多々あり。主人公のアスビョルンが一行のリーダーとしては三流で、キャラとしてもちょっと弱いかな。ただ、他のキャラは良く立ってる。二刀流のナイフ使いヨルンドとか、弓の名手トラルドとか、豪壮な古強者グナーとか、実は武術の達人の修道士とか。敵側も傭兵の隊長ボヴァールが鷹使いだったり、その弟ヨールが凶暴で有能な戦士だったり、いい味出してます。そういえば、この傭兵たちはカルパチア山脈の山岳地帯からやってきたという設定らしい。ヴラフ人?
雄大なスコットランドの大自然の中を駆け抜ける美しい画面と、かなり頑張ってるアクションシーンはいい感じですし、話としてちゃんとまとまってるので、歴史どうこうはともかく映画として普通に楽しめる内容となっています。

ところで、当時のスコットランドということはアルバ王国でしょうけど、ダンケイド王という人は該当する人がいないみたいなんで架空のキャラなんでしょうかね。ここらへん詳しくないのですがどうなんでしょ。

ヴァイキングものといえばヒストリーチャンネルのドラマ「ヴァイキング~海の覇者たち~」がありますが、まだ見てないです。というかどうやって見ればいいんだ。DVDはまだ出てないの?
あと、「ヴァイキングサガ ダーケストデイ(A Viking Saga: The Darkest Day)」というデンマーク映画があるらしいのですが、これも観てみたい。日本語版出てくんないかな。

参照サイト
Northmen: A Viking Saga(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Northmen:_A_Viking_Saga
アルバ王国(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E7%8E%8B%E5%9B%BD
デーンロウ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%A6
ハーラル1世 (ノルウェー王)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB1%E4%B8%96_(%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E7%8E%8B)
ピクト人(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%88%E4%BA%BA
リンディスファーン島(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%B3%B6

関連記事
ヴァイキングの王子が瀕死の父王に命じられた探索とは・・・。イギリス映画『ハマー・オブ・ゴッド』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1872.html
囚われの身から逃れた隻眼の戦士がヴァイキングとともに聖地を目指すのだが・・・。『ヴァルハラ・ライジング』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1353.html
北欧各地の遺跡などの写真と文章でヴァイキングを紹介。谷口幸男&遠藤紀勝『ヴァイキングの世界』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-591.html
トルフィンとクヌートの四年振りの再会。捨て身の交渉の結末は・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1729.html
壊滅した第9軍団の七人の生き残りが辺境の荒野を駆け続ける・・・。ニール・マーシャル監督『センチュリオン』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-712.html
ヴァイキングの国を別惑星の凶悪生物が襲う!! ハワード・マケイン監督『アウトランダー(OUTLANDER)』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-713.html
ヤロスラフ1世を主人公にしたロシア映画。『バトル・キングダム 宿命の戦士たち』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1024.html



「小さなバイキング ビッケ [DVD] 」
「ヴィンランド・サガ(16) (アフタヌーンKC) 」
「ドラキュラZERO [Blu-ray] 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ

「ノース・ウォーリアーズ」じゃなくて、「ノース・ウォリアーズ」ね。

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる