Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀吉死後に野心を露わにした家康によって関が原の戦いへ・・・。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第10巻

どうも。馬頭です。
最近はまったくDVDやBlu-rayを買わなくなってしまいました。なんせ買っても観るヒマもないので。もっと余裕が欲しい。

それはともかく。

大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第10巻

『イシュタルの娘 小野於通伝』第10巻

(大和和紀。講談社。講談社コミックスビーラブ。2014年。476円。)
「秀吉に続き、前田利家までが死に、野心を抱く徳川家康を止める者はいなくなった。混乱し、内部で対立する豊臣家は家康の動きに反発するも、それを押しとどめることはできないまま、決定的な戦いへと向かって進んでいく・・・」


戦国時代に活躍した女性・小野於通を主人公にした漫画です。連載は講談社の「BE LOVE」の不定期連載。作者は「はいからさんが通る」の大和和紀(やまとわき)氏。

この巻では、秀吉死後の混乱から関が原の戦い、あと戦後の処理までですね。
歴史知識的にはちょっと時代遅れな部分が多いですが、物語としてはまあうまく作ってあります。
家康がお通と深く関わるようになってきましたね。真田家との絡みがあって、大坂の陣につながるわけか。

参照サイト
BE・LOVE|TOP|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02766
大和和紀(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%92%8C%E7%B4%80
小野お通(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E3%81%8A%E9%80%9A
近衛信尹(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E4%BF%A1%E5%B0%B9
九条兼孝(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E5%85%BC%E5%AD%9D

関連記事
豊臣家の歯車が次々と狂いはじめ、於通の目にも暗い影が映り・・・。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1624.html
まさか兄の弥次郎と再会することになるとは・・・。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1505.html
北条討伐で大坂城に残った奥方たちの宴を手伝うことになったのだが・・・。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1474.html
戦国時代に活躍した女流文人の活躍を描く。大和和紀『イシュタルの娘 小野於通伝』第1巻から3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-960.html
波乱の人生を歩んだ姫の引き裂かれた恋を描く。わたなべ志穂『華の姫 茶々ものがたり』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-909.html
天下一となった母・阿国。しかし労咳によって菊を置いて死んでしまい・・・。下元智絵『かぶき姫 -天下一の女-』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1453.html
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
敗走する島津軍の諸事情を解説する。桐野作人『関ヶ原 島津退き口 敵中突破三〇〇里』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1622.html
島左近が実は生き残っていて義を貫く・・・。原哲夫&隆慶一郎&二橋進吾『影武者徳川家康外伝 左近 戦国風雲録 Complete Edition』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1590.html



「高学歴貧困女子が読み解くピケティ (SAKURA・MOOK 2)」
「百花繚乱 大戦乱!!三国志バトルThe Illustrations」
「嘘だらけの日露近現代史 (扶桑社新書) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。