Entries

フス派内部の急進派が暴走の果てに・・・。大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第5巻

どうも。馬頭です。
昨日は久々にコミティアに行ってきました。数年振り。コミケとはちょっと違った感じで面白いなぁ。でもやはり会社の会いたくない人がいるので、コソコソしつつ早々に帰還。ただ、目的の「グルジア史アンソロジー」は無事入手したので良しとするか。これがまた面白くてですね!

それはともかく。

大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第5巻

『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第5巻

(大西巷一。双葉社。アクションコミックス。2015年。620円。189ページ)
「1421年。数々の勝利に勢いづくフス派に対し、再び十字軍を差し向けようと準備する皇帝ジギスムント。危機が迫る中、フス派の中にヤン・ジシュカの命令をきかない狂信的なアダム派が台頭する。親友のガブリエラがアダム派にいると知ったシャールカは、心配するあまりアダム派と行動をともにするのだが・・・」


15世紀のチェコ(ボヘミア)で起きた「フス戦争」を題材とした漫画「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」の第5巻です。作者は「女媧 JOKER」「曹操孟徳正伝」「ダンス・マカブル」「おてんば珠姫さま!」の大西巷一氏。

5巻はフス派内部の急進的で過激な分派、「アダム派」の暴走にシャールカが巻き込まれ、またも辛い目にあってしまいます。
アダム派はカーニシュや危うい感じのカリスマを持つ美青年アダムに率いられ、全裸で生活し死を恐れず戦うなど、狂信的な集団として勢力を持っています。これに論客フースカ率いるピカルディ派が加わり、フス派内で派閥対立が起きてしまうのです。
皇帝側が反フス派の大反撃を企てている危機的状況の中、乱交や虐殺を行い命令を聞かない危険な集団を放置しておけないジシュカは、彼らを排除することにするのですが、アダムの導きは一派を追撃を逃れさせることに成功します。
暴走するアダム派の中にはペストにかかって隔離されていた時にすっかりアダム派になってしまった少女ガブリエラがいて、シャールカは彼女が心配で一緒に行動することになるのですが、彼らが破滅へと向かってくなか、シャールカもにまた悲劇が襲うことになるのです。

今回も面白かったですが、アダム派のむちゃくちゃっぷりにフス派がかき回される展開で、全裸・乱交・虐殺・粛清という、ぶっ飛んだ巻になりましたね。シャールカかわいそすぎる。
こうしたゴタゴタが起きてる中、皇帝側はそれなりに順調にフス派を潰そうとやってきてます。ハプスブルク家のアルブレヒトがちょっとダメですが、スコラーリがいい感じにフス派に打撃を与えてますし、さらに次の話からはハンガリーのアレが出てきますよ。楽しみです。

参照サイト
LA GROTTA (ラ・グロッタ)(大西巷一)
http://ohnishikoichi.jimdo.com
大西 巷一 (kouichi_ohnishi) on Twitter
https://twitter.com/kouichi_ohnishi
月刊アクション | WEBコミックアクション
http://webaction.jp/monthly_action/
ちなみに双葉社のサイトで冒頭11ページを試し読み可。→「乙女戦争」試し読み
http://webaction.jp/monthly_action/sample/ma7_04.html
ターボル戦記 ~フス戦争の記録~
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kolvinus/tabol/top.htm
フス戦争(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%88%A6%E4%BA%89
フス派(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B9%E6%B4%BE
ヤン・ジシュカ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AB
ターボル (チェコ)(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%AB_(%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3)
The Hussites of Bohemia(英語)
http://myweb.tiscali.co.uk/matthaywood/main/Hussites.htm
ヴィシェフラット(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88
クトナー・ホラ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A9
Adamites(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Adamites
Utraquism(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Utraquism
アルブレヒト2世 (神聖ローマ皇帝)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%92%E3%83%882%E4%B8%96_(%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%9A%87%E5%B8%9D)
エリーザベト・フォン・ルクセンブルク(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF
麦角菌(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%A6%E8%A7%92%E8%8F%8C

関連記事
身も心も憔悴する過酷な籠城戦をシャールカたちは戦い抜く! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1941.html
勢いに乗るフス派。だが、ヤン・ジシュカに暗殺者の魔の手が伸びる! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1871.html
シャールカたちは新しい戦い方で10万の大軍に立ち向かう! 大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1767.html
フス戦争が舞台の「銃×少女」の物語。大西巷一『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1713.html
フス戦争が舞台の「乙女戦争」も連載開始! 『月刊アクション』2013年7月号(創刊号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1550.html
波瀾万丈の人生を送った歴史上の女たち。デビュー作の「豚王」も収録。大西巷一『涙の乙女(アクリャ) 大西巷一短編集』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1942.html
ロザリアとローザは裏切りによって捕われてしまい・・・。滝沢聖峰『ばら物語 Tale of Rose Knight』第3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-750.html
ヨーロッパのど真ん中で個性的な輝きを放つ国の物語。薩摩秀登『物語 チェコの歴史 森と高原と古城の国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-120.html
マラーを暗殺したコルデーと彼女を処刑したサンソンの交流を描く話が凄く良かった。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-970.html
加賀藩にやってきた徳川の姫様が金沢の街で大暴れ! 大西巷一『おてんば珠姫さま!』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-648.html
残虐な拷問と処刑が溢れかえる歴史の闇の中で・・・。大西巷一『ダンス・マカブル 西洋暗黒小史』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-647.html
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女媧(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
いつも劉備の敵役にされていた曹操を主人公にした漫画。大西巷一『曹操孟徳正伝』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/10006115
ついに恐るべき砦が陥落する時がやってきた! 久慈光久『狼の口(ヴォルフスムント)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1843.html
ジェノヴァの弩兵を相手に巧妙な戦いを繰り広げるのだが・・・。トミイ大塚『ホークウッド(HAWKWOOD)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1881.html
今度は堕ちた騎士がスコットランド国境で叔父の城を守る籠城戦。『アイアンクラッド ブラッド・ウォー』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1870.html



「辺獄のシュヴェスタ 2 (ビッグコミックス)」
「中世の異端者たち (世界史リブレット) 」
「裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス) 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ 
web拍手・コメントはこちらへ
web拍手レスまとめページはこちらへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる