Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーランド王国の初期の君主たちの事績を記した年代記の翻訳。訳・荒木勝『匿名のガル年代記 中世ポーランドの年代記』

どうも。馬頭です。
暖冬とはいっても陽の光のいっさい当たらない立地のウチの部屋はえらい寒いです。電気毛布だけでは限界を感じます。

それはともかく。

『匿名のガル年代記 中世ポーランドの年代記』。ガル・アノニムス。訳・荒木勝

『匿名のガル年代記 中世ポーランドの年代記』
(麻生出版。訳/荒木勝。2015年。3800円。311ページ。ISBN978-4-905383-06-2)
『匿名のガル年代記』第一巻
『匿名のガル年代記』第二巻
『匿名のガル年代記』第三巻
解題に代えて 『匿名のガル年代記』における、王(レックス)と祖国(パトリア)と国家(レスプブリカ)
注釈
参考文献
系図
あとがき


ポーランドの歴史を記した年代記の中で、ピャスト朝の前半を書いたものである「匿名のガル年代記」を翻訳した本が出版されました! 待ちに待った書籍化ですよ!!

これはもともと荒木勝氏が「岡山大學法學會雜誌」に載せた記事を集めたもので、「ガル年代記」1〜3巻の翻訳と、「ガル年代記」の成立と内容に関する論文「解題に代えて 『匿名のガル年代記』における、王(レックス)と祖国(パトリア)と国家(レスプブリカ)」を収録しています。なんか久々に読みました。コピーがどっかにあるはずなんですが、探しだせなかったので内容がどれだけ変わっているのかは不明です。
ポーランド王国の建国から1109年までの事柄が載っていて、だいたい1112年から1118年くらいまでに書かれたとされています。(異説もあるようですが)
著者は「匿名のガル(ガル・アノニムス)」という人で、文体などから中部フランス出身の修道僧かフランドルあたりの出身の修道僧だろうと推定されています。
「年代記」となっていますが、メインはボレスワフ1世、2世、3世の三人で、彼らの事績の記述がほとんどを占めています。ミェシュコ2世など、一章分十数行で終わってますし、カジミエシュ1世ですら四章分6ページほどしかありません。ベスプリムに至ってはまったく出てきません。
ボレスワフ3世が1102年から1138年のポーランド大公だから、書いていた同時代の大公として当然ながら、ボレスワフ3世が褒め称えられているし、内容的にも詳しいのですが、ボレスワフ1世なんかも褒めまくられてまして、細かいエピソードも入ってて楽しいです。まあ、「それ褒めてるのか?」というような話なんかもありますが、それはそれで面白い。
1109年までで記事は唐突に終わっています。なぜなんでしょうね。

「原初年代記」もそうでしたが、この時代の年代記は読んでみるとほんと面白いですね。この調子で他の年代記もたくさん出て欲しいものです。

ちなみに、この本は麻生出版の佐竹様から献本していただきました。ここでもお礼申し上げさせていただきます。
この本は、Amazonなどには登録してないのですが、大型書店で注文すると買えるそうです。

参照サイト
ポーランド広報文化センター
http://instytut-polski.org
Gesta principum Polonorum(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Gesta_principum_Polonorum
Gallus Anonymus(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Gallus_Anonymus
ピャスト朝(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E6%9C%9D
ボレスワフ1世 (ポーランド王)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%951%E4%B8%96_(%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)
ボレスワフ2世 (ポーランド王)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%952%E4%B8%96_(%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)
ボレスワフ3世クシヴォウスティ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%953%E4%B8%96%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3

関連記事
ポーランド建国の物語を映画化した作品。ミハウ・ジェブロフスキー主演『レジェンド 伝説の勇者』
http://xwablog.exblog.jp/9872832
コミックマーケット78に参加しました。新刊「ピャスト朝興亡史」はギリギリで出ました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-545.html
歴史的に繋がりの深い地域をまとめた一冊。山川出版社『新版 世界各国史20 ポーランド・ウクライナ・バルト史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-514.html
この前の歴史地図といっしょに、Men-at-Armsシリーズの『中世ポーランドの軍隊 966年~1500年』も買ってあります
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-93.html
国辱ものの大幅映像カット。ジェブロフスキ主演『ファイアー・アンド・ソード』。フメリニツキの乱を描く。
http://xwablog.exblog.jp/10195838
25人のポーランド人の文化的業績を紹介する一冊。土谷直人『ポーランド文化史ノート』
http://xwablog.exblog.jp/10169061
ポーランドの歴史を時代ごとの地図にした英語の本を購入。『POLAND A HISTORICAL ATLAS』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-90.html
キエフ・ルーシの歴史はやっぱり面白い! 栗生沢猛夫『『ロシア原初年代記』を読む キエフ・ルーシとヨーロッパ、あるいは「ロシアとヨーロッパ」についての覚書』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1916.html
タトラ山に眠る騎士やねずみに殺される王の話などがある。恒文社『ポーランドの民話』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-132.html
東欧史の概説書としてまとまってるのがありがたい。山川出版社『世界各国史13 東欧史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-167.html
ヤロスラフ1世を主人公にしたロシア映画。『バトル・キングダム 宿命の戦士たち』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1024.html
ポーランドのファンタジー映画ですよ。ミハウ・ジェブロフスキー主演『コンクエスタドール』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-321.html



「戦うポーランド―第二次世界大戦とポーランド (ポーランド史史料叢書)」
「一七九一年五月三日憲法 (ポーランド史史料叢書)」
「日本・ポーランド関係史」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。