Entries

ガリポリの戦いでの悲壮な戦いを描くトルコ映画。『シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!』

どうも。馬頭です。
この記事書いてる最中に寝落ちしてしまった。寒い日に机で寝落ちはヤバイですね。風邪をひきかねない。

それはともかく。

トルコ映画『シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!』

『シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!』

(トルコ映画。トランスワールドアソシエイツ。監督/イェシム・セズギン。出演/バラン・アクブル、バリス・チャクマク、ブラント・アルキス、セリル・ナルジャカン、ほか。2012年。132分。5076円。)
「1914年。第一次世界大戦がはじまり、同盟国側として参戦したオスマン帝国に対し、連合軍が襲いかかる。ダーダネルス海峡のガリポリ半島を巡るガリポリの戦いは、国の命運を懸けた戦いだった。多くの男たちが従軍し、困難を乗り越え、英軍を主体とした圧倒的な連合軍へ立ち向かうのだった・・・」


第一次世界大戦の時のガリポリの戦いを描いたトルコ映画です。原題は「チャナッカレ1915(CANAKKALE 1915)」。ガリポリの戦いのことをトルコではチャナッカレの戦いと言うそうです。英題は「ガリポリ1915(GALLIPOLI 1915)」。原作「DIRILIS CANAKKALE 1915(Awakening Canakkale 1915)」を改作とのこと。

これ、はじめに言っておかないといけないのが、邦題が「シー・バトル」とかなってますが、海戦はメインじゃないですから。陸戦の方が物語的にはメインですからね。なにが「戦艦クイーン・エリザベスを追え!!」だよ!www 海戦シーンあるけど、そんな感じでは全然ないですから! どうしてこうなった・・・。邦題の改悪タイトルはホントどうにかしてください。
物語的にはガリポリの戦いを通しで描くもので、主人公が物語を作っていくというより、群像劇的なものです。果敢に戦った第57連隊・ムスタファ・ケマル中佐(のちのケマル・アタチュルク)が率いる第19師団のアリブヌ(アルブルヌ)という土地での活躍の描写がメインとも言えるか。
当時のオスマン軍の軍備はいろいろ問題があったのですが、無敵のイギリス軍を相手に英雄的な戦いを繰り広げていきます。
かなり愛国心を煽るような演出をしているのですが、実際にあったエピソードを取り入れているみたいですね。それにしても演説シーンが多いような。しかも、煽ったり盛り上がったりするシーンがあるのに、その後、突然場面転換したりするので物語的にぶつ切り感があるなぁ。ちょっと全体的にドキュメンタリーのドラマ演出部分っぽいというか。
あと、先見の明のあるムスタファ・ケマルの凄さが描写されてて、上官たちが彼に全権を任せ彼のおかげで勝利した、みたいな演出もあるので、もっとケマルが中心の物語でもよかったかと。そういや、胸に破片が当たったら懐中時計に・・・みたいなベタすぎるシーンあるけど、これ実話なのかな?

ガリポリの戦いのこと細かいところまで知らなくても、それなりに見れます。
あと、トルコ語だとなんとなく棒読みっぽく聞こえるので、字幕で見るよりも吹き替えがいいでしょう。吹き替えはいい感じです。

作中で「ANZAC」の説明がまったくないですが、「オーストラリア・ニュージーランド軍団」のことです。メル・ギブソンが主役の「誓い(原題:ガリポリ)」という映画はたしかこれに従軍した兵士の話ですね。(「誓い」って「マッド・マックス」より後に撮影された映画だったのか。勘違いしてた)
そういえば、ラッセル・クロウが作った「ディバイナー 戦禍に光を求めて」という映画が、ガリポリの戦いで三人の息子を亡くしたオーストラリア人の男が、ガリポリを訪れ、息子が捕虜になってるかもしれないと知って探し始める、という話のようです。2月27日から公開とのこと。これも観たいな。

参照サイト
シー・バトル 戦艦クイーン・エリザベスを追え!!<未>(2012)(all cinema)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=354684
ガリポリの戦い(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
ムスタファ・ケマル・アタテュルク(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF
オーストラリア・ニュージーランド軍団(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E8%BB%8D%E5%9B%A3
バルカン戦争(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%B3%E6%88%A6%E4%BA%89
オットー・リーマン・フォン・ザンデルス(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9
ルメリア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2
映画『ディバイナー 戦禍に光を求めて』公式サイト
http://diviner-movie.jp

関連記事
オスマン帝国の建国から発展を制度や文化とともに解説。林佳世子『オスマン帝国の時代 世界史リブレット19』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1783.html
第二次ウィーン包囲を題材にした映画を観てきました。伊・波映画『神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1768.html
セポイの乱ってこんなに面白かったのか!? 長崎暢子『インド大反乱一八五七年』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1602.html
ざっくり紹介するトルコの全歴史。ロベール・マントラン『改訳 トルコ史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-232.html
世界各地に散らばる多重多層なトルコ系民族のゆるやかな連携と主張。坂本勉『トルコ民族主義』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-64.html



「誓い スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] 」
「アンザックス (Anzacs) Part1 ~ガリポリ攻撃作戦~ 【日本語吹替版】 [VHS]」
「ガリポリ―第一次大戦における最大の勇気と最大の愚行」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ






関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる