Entries

13世紀の東欧を舞台にしたダークファンタジー。荒巻美由希『魔王の階』第1巻

どうも。ここ最近急に花粉症が酷くなってきた馬頭です。
あまりにも鼻水が出るので、移動中も鞄の中にティッシュ箱入れてます。

それはともかく。

荒巻美由希『魔王の階』第1巻

『魔王の階  Dark King of Kings』第1巻

(荒巻美由希。小学館。サンデーGXコミックス。2016年。552円。191ページ)
「13世紀初頭の東ヨーロッパ。小国ルブリン王国は、隣国ルーシ大公国に攻めこまれ、国王と王妃は殺されてしまう。この時、幼児だったステファン王子は奇跡的に助かり、伯父のクラフト王シグムントに助けられ、クラフト王国で義姉のエミリアとともに成長する。そして12年後、義父に認められ騎士となったステファンは、ルーシ大公国との戦いで初陣を果たすのだった。だが、彼には人には言えない常ならざる秘密があり・・・」


中世の東ヨーロッパを舞台とした吸血鬼もののダークファンタジー「魔王の階(きざはし)」の第一巻が発売になりました。作者は「時忘の捨姫-時緒縁起譚-」の荒巻美由希氏。
全然チェック漏れてましたが、アキバブログの記事を見て気付いてさっそく買ってきました。
(アキバblogの記事)→荒巻美由希 / 魔王の階1巻 「血への誘惑に抗う亡国の王子を描くダークファンタジー」

これ、東欧を舞台にしてるとはいっても、いろいろ史実とは違う感じに変更してるようなので、「モチーフにした」といった感じなのかな?
主人公ステファンの祖国は「ルブリン王国」、育った国は「クラフト王国」、そして敵として登場するのが「ルーシ大公国」となってるので、それぞれ、ポーランド王国のルブリンとクラクフ(そしてあの地域の公国)、そしてロシアのキエフ大公国(キエフ・ルーシ)にあたるのかと。
ステファンは、ルブリン王国の王子ですが、赤ん坊の時に両親を殺され、母親の兄にあたるクラフト王国のシグムント王に助けられて、息子として養育されてます。ルブリン王国が滅んだわけじゃなく、シグムント王が委任統治して、あとあと帰国して王になる予定、という設定。
そんなステファンが、助けられてから12年後に物語の本編がはじまっていきます。
祖国ルブリンが仇敵ルーシ大公国側から何度も襲撃を受けたことでルブリン・クラフトの戦いがはじまり、ステファンも少年ながら騎士として認められ、戦いに身を投じていくことになるのです。
そして、この複雑な国家間の戦いの渦中にいる少年には、実は何か異常な秘密があることが語られていきます。どうやら吸血鬼モノとしての要素が物語に組み込まれてるようですが、いまのところ明確な情報は無く、謎が深まります。ステファンが吸血衝動のようなものに煩悶しつつも、その力で戦っていく、というような展開になるのでしょうか?
義理の姉として共に育った従姉妹の王女エミリアがヒロインですが、彼女との関係も気になりますね。

連載は「サンデーGX」でしています。第一話の試し読みもできます。
「魔王の階」 第一話をためし読み

参照サイト
サンデーGX
http://sundaygx.com

ポーランド王国(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B%E5%9B%BD
長子領(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AD%90%E9%A0%98
ボレスワフ3世の遺言状(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%953%E4%B8%96%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80%E7%8A%B6
キエフ大公国(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%A8%E3%83%95%E5%A4%A7%E5%85%AC%E5%9B%BD

関連記事
ポーランド王国の初期の君主たちの事績を記した年代記の翻訳。訳・荒木勝『匿名のガル年代記 中世ポーランドの年代記』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1992.html
キエフ・ルーシの歴史はやっぱり面白い! 栗生沢猛夫『『ロシア原初年代記』を読む キエフ・ルーシとヨーロッパ、あるいは「ロシアとヨーロッパ」についての覚書』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1916.html
コミックマーケット78に参加しました。新刊「ピャスト朝興亡史」はギリギリで出ました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-545.html
放浪の女騎士は金髪碧眼の蛮族出身で・・・。田中克樹&爲我井徹『Valkyria(ヴァルキュリア)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-497.html



「ポーランド史」
「Valkyrja ―ヴァルキュリア― 3 (コミックフラッパー) 」
「異世界の書―幻想領国地誌集成」。「フーコー」や「薔薇の名前」のウンベルト・エーコ、亡くなってしまいましたね。



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる