Entries

ヴァイキングのリンディスファーン修道院襲撃を題材にした映画。『ヴァイキング・サーガ』(2013)

どうも。馬頭です。
今日は歯医者でやった麻酔の影響か、ずっと眠いし痛いし体調悪いです。

それはともかく。

『ヴァイキング・サーガ』(2013)DVD

『ヴァイキング・サーガ』

(イギリス映画。クリス・クロウ監督。出演、マーク・ピッカリング、マーク・ルイス・ジョーンズ、エレン・リス、ジョシュア・リチャーズ、マイケル・ジブソン、ほか。2013年。89分。5075円。)
「中世のイギリス。ヴァイキングの猛威がヨーロッパ各地を襲う中、ノーサンブリア王国の沿岸にあるリンディスファーン修道院もノース人ハドラダの襲撃を受ける。この時、修道院が所蔵する重要な福音書を持って逃れた老修道士と若き修道士ヘリワードは、福音書の絶大な力を信じてこの地の王位を狙うハドラダの追撃を受けるのだが・・・」


イギリス北部、スコットランド東岸にある小島(干潮時には陸続きになる)、ホーリー島(リンディスファーン島)にあるリンディスファーン修道院は、793年から度々ヴァイキング(ノース人)の襲撃を受けましたが、当時この修道院で書かれた「リンディスファーンの福音書」は大英図書館に現存しています。この映画は、その福音書をヴァイキングたちから守るため、逃避行を続ける修道士と護衛の物語となっています。
原題は「A VIKING SAGA : THE DARKEST DAY」。

映画の中でこの話の時代は何年か明示されてないので、何回かあったヴァイキングの襲来のどれかは不明です。最終的にリンディスファーンの福音書は875年に、聖カスバートの棺などとともにダラムに移されたそうなので、793年から875年の間の話ということになります。当時、スコットランド東部はアングロサクソン七王国のひとつ、ノーサンブリア王国が支配していました。そして、イギリス北部のケルト教会の中心地のひとつがリンディスファーン修道院だったという状況です。
物語は修道院がエーケレーの首長ハドラダという男に率いられたノース人の一隊に襲われるところからはじまります。皆殺しにされる修道士たち。しかし、老修道士とヘリワードという若い修道士が福音書を持って逃げたことで、福音書を狙うハドラダはこれを追撃します。ヘリワードたちは途中で福音書を守るためにやってきたエセックスのエゼルウルフという男や、山賊に家族を殺されたエアラという女と合流し、逃走を続けるのですが・・・。

暗い時代の困難に、若い修道士が苦悩しながらも、同行者たちに影響を受けつつ成長していく・・・みたいな話といっていいのかな。まあ最後は、ヘタレ修道士がブチ切れてヴァイキングたちに逆襲する形でエンディングとなりますが。
どうもヴァイキングものというか、イギリス北部ものとなるとなぜか逃避行ものが多いような? まあ、低予算での歴史モノとなると、こういう作りになるのは仕方ないのかもしれません。森か荒野を旅するシーンだけで、追撃するハドラダたちもわずか数人しかいません。戦闘シーンはまあまあか。ただし、ラスボスがなぜか脇役だと思っていたヤツだったりします。

このDVDカバーの詐欺っぷりも酷い。中心にいる角兜の半裸キャラは出てきませんし、女も剣なんか持ちません。ヴァイキングシップも遠景シーンだけ。それにこの鎖付きの鉄球はなんなんだよw

全体的にあまり高評価はできませんが、題材そのものが興味深いものだったので良しとしましょう。

ちなみに、「ヴァイキングサーガ」というタイトルの映画は、他にも3本あって、ひとつは1995年のアメリカ映画で、アイスランドが舞台の話。もうひとつは、2014年の映画で、「ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い」の邦題でこのブログでも紹介した「Northmen - A Viking Saga」というもの。そして、最後は2008年のデンマーク映画「A Viking Saga: Son of Thor」で、日本では公開も発売もされていない作品。これはなんとノブゴロドのオレーグによるキエフ征服の物語です。むしろこっちをDVD化して欲しかったです。



「ヴァイキング・サーガ[VHS]」



参照サイト
リンディスファーン修道院(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2
リンディスファーンの福音書(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8
ノース人(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BA%BA
ノーサンブリア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2
アルクィン(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%B3
シメオン[ダラーム](コトバンク)
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%B3%5B%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%5D-75289
リンディスファーン福音書 - 明治大学図書館ホームページへ
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/publication/toshonofu/shiraih03.pdf
展示 リンディスファーン福音書<ファクシミリ版> - 立教大学図書館
http://library.rikkyo.ac.jp/_asset/pdf/archives/exhibition/lindisfarne.pdf
Northmen: A Viking Saga(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Northmen:_A_Viking_Saga
A Viking Saga(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/A_Viking_Saga

関連記事
スコットランドに漂着したヴァイキングたちの逃避行と戦いを描く。『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1959.html
サクソン人VS.ノルマン人。復讐のための血みどろの戦い。イギリス映画『バトルフィールド』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1974.html
ヴァイキングの王子が瀕死の父王に命じられた探索とは・・・。イギリス映画『ハマー・オブ・ゴッド』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1872.html
トルフィンとクヌートの四年振りの再会。捨て身の交渉の結末は・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1729.html
囚われの身から逃れた隻眼の戦士がヴァイキングとともに聖地を目指すのだが・・・。『ヴァルハラ・ライジング』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1353.html
少年時代のエドワード懺悔王がノルマンディー公の追手から逃れ英国を目指す。八島時『ドラゴンの王冠』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-2001.html



「ケルズの書――ダブリン大学トリニティ・カレッジ図書館写本」
「サン・オブ・ゴッド [Blu-ray]」
「ブルーム 今治タオル ナチュラルボーダー バスタオル 2枚セット (グリーン・レッド) natural_bt2_赤緑」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる