Entries

土方が一枚上手だった。隊服が作られる経緯がオモシロすぎる。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第13巻

どうも。猫が飼いたい馬頭です。

それはともかく。

アサギロ(浅葱狼)第13巻_ヒラマツ・ミノル

『アサギロ(浅葱狼)』第13巻

(ヒラマツ・ミノル。小学館。少年サンデーコミックスゲッサン。2016年。457円。)
「浪士組へ続々と入隊する新隊士たち。だが、軍資金の不足や、芹沢の勝手な行動が問題となる。そこで土方歳三は、豪商・鴻池善右衛門から借用しようと言い出して芹沢たちの度肝を抜き・・・・」


ヒラマツ・ミノル氏による新撰組漫画の第13巻。

この巻でとうとう新撰組の浅葱色の隊服が登場です。
新隊士たちも次々と入ってきて、島田魁、松原忠司らも加入。というか、松原忠司をちゃんと登場させるというのは珍しいですね。面白い。
鴻池善右衛門から借用した金で隊服を作る流れは、土方歳三のひとり舞台というか・・・、見事でした。近藤はもうちょい考えて物を言え。
最後に河上彦斎も登場。あとお梅も登場。

参照サイト
小学館コミック -ゲッサンWEB-
http://gekkansunday.net/top.html
島田魁(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%AD%81
松原忠司(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E5%BF%A0%E5%8F%B8
お梅(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E6%A2%85
鴻池善右衛門(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%BB%E6%B1%A0%E5%96%84%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80
河上彦斎(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E4%B8%8A%E5%BD%A6%E6%96%8E

関連記事
一の男・斎藤一や佐伯又三郎らが壬生浪士組に合流。浪士組は新体制へ。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第12巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-2022.html
京都残留組は主導権をかけて清河八郎を斬ることになるのだが・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第11巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1914.html
血なまぐさいひと騒動のあとに、ついに京都についた浪士組一行だが・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1893.html
上京する浪士組。しかし道中で芹沢鴨が問題を起こし・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1728.html
清河の献策で浪士組が結成されることになり・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第8巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1610.html
捕らえられた自分を斬った男に対して近藤は・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第7巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1465.html
書き置きを残して志士たちを殺す謎の男が新たに狙うのは・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1320.html
沖田総司との勝負を望む藤堂平助だったがなぜか弟子入りすることになってしまい・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第5巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1133.html
天然理心流の噂を知った永倉新八が試衛館へとやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第4巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1013.html
惣次郎に興味を持った山南が試衛館にやってきて・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第2巻と3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-885.html
新選組の主要メンバーが集った試衛館の跡地に行ってみました
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-877.html
まだ子供の沖田は藩の剣術指南を倒してしまったがために・・・。ヒラマツ・ミノル『アサギロ(浅葱狼)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-853.html
幼い家臣・八幡丸らと暮らす「西国無双」の名将ののほほん浪人生活。牧田理恵『殿しゃん!(とんしゃん) 立花宗茂上方滞在記』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1715.html
新撰組の美男五人衆のゆるチャラな日常とシリアスの絶妙な配分。柏葉ヒロ『壬生狼ヤングゼネレーション』第1巻と2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1935.html
隊服を作るにあたり金策の問題が近藤勇を追い詰める・・・。山村竜也&蜷川ヤエコ『アサギ 新撰組刃義抄』第4巻から6巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1189.html



「鴻池善右衛門(こうのいけぜんうえもん) (人物叢書)」
「庭師が語るヴェルサイユ」
「朝鮮雑記――日本人が見た1894年の李氏朝鮮」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる