Entries

グズリーズを連れて逃げた一行は赤ん坊までも連れていくハメになり・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第16巻

どうも。馬頭です。
犬肉はあんまり美味くないぞ。

それはともかく。

ヴィンランド・サガ第16巻_幸村誠

『ヴィンランド・サガ』第16巻

(幸村誠。講談社。アフタヌーンKC。2015年。590円。192ページ)
「シグルドの新妻グズリーズがシグルドを斬りつけて逃げ出したことで、トルフィンたちはアイスランドを逃げ出すことになるのだった。シグルドの追撃を受けるトルフィン一行は、シェトランド諸島でヴァイキングの襲撃で壊滅した村を訪れるが、そこで唯一の生き残りである赤ん坊を拾ってしまい・・・」


11世紀を舞台にしたヴァイキング漫画『ヴィンランド・サガ』の16巻です。
グズリーズを連れての逃避行のはじまりです。

レイフの義妹グズリーズは、アイスランドの有力者ハーフダンの息子シグルドと結婚することなってました。しかし、グズリーズはこの結婚が嫌なあまり、結婚式の夜、初夜の床の中でシグルドを刺して逃げ出してしまうことに。逃げる彼女は出港の準備をしていたトルフィンたちの元へ行き、共に島を抜け出していくことになるのです。
トルフィンたちはシグルドの追撃を受けつつ南へと行きますが、イギリス北東にあるシェトランド諸島で、ヴァイキングに襲撃された村に行き、そこの生き残りの赤ん坊を救い出します。
こうしていろいろありつつも、さらに一行には赤ん坊カルリとカルリの家の犬が仲間に加わることになります。
そして、トルフィンたちはノルウェー西岸に到着しますが、そこで新たな出会い、それも相当にやっかいな出会いがいきなり起こるのですが・・・。

憧れの外の世界に飛び出たグズリーズですが、さっそく酷い世の中を見せつけられることになってしまいました。
余計な荷物となる赤ん坊に、シグルドの追手、そしてノルウェーでは熊に復讐者が登場します。
シグやんことシグルドが実は結構イイやつなんだというのが受けますが、逃走劇の結末はいったいどうなることやら。

参照サイト
アフタヌーン
http://www.e-1day.jp/afternoon/magazine/
幸村誠 (makotoyukimura) on Twitter
https://twitter.com/makotoyukimura
ソルフィン・ソルザルソン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%8B
レイフ・エリクソン(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3
シェトランド諸島(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E8%AB%B8%E5%B3%B6

関連記事
アイスランドへ帰国したトルフィンは平和な土地への植民を目指すことになるが・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第15巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-2051.html
トルフィンとクヌートの四年振りの再会。捨て身の交渉の結末は・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第14巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1729.html
農場に逃げ帰ったケティルはクヌートと戦うことを決意するのだが・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第13巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1696.html
1916年に書かれデンマークの国民学校で使われ続けている歴史教科書。ニコリーネ・M・ヘルムス『デンマーク国民をつくった歴史教科書』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1651.html
奴隷となった夫婦の悲劇的な再会・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第12巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1395.html
王として非道な策を仕掛けるクヌート。狙われたケティル一家は翻弄され・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第11巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1118.html
囚われの身から逃れた隻眼の戦士がヴァイキングとともに聖地を目指すのだが・・・。『ヴァルハラ・ライジング』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1353.html
奴隷として大地を耕すトルフィンはその中で何かを得ていくのだが・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第10巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-778.html
デンマークの農場で奴隷として働かされるトルフィンは・・・。幸村誠『ヴィンランド・サガ』第9巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-493.html
北欧各地の遺跡などの写真と文章でヴァイキングを紹介。谷口幸男&遠藤紀勝『ヴァイキングの世界』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-591.html
スコットランドに漂着したヴァイキングたちの逃避行と戦いを描く。『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1959.html
ヴァイキングの王子が瀕死の父王に命じられた探索とは・・・。イギリス映画『ハマー・オブ・ゴッド』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1872.html



「ヴァイキングの歴史 (創元世界史ライブラリー)」
「アイスランド・サガ―血讐の記号論」
「北海・バルト海の商業世界 」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる