Entries

瀬戸内の小島で起きた謎の死体漂着事件を追う。赤名修&島田荘司『御手洗潔@星籠の海(せいろのうみ)』第1巻

どうも。馬頭です。
パスタはアマトリチャーナが一番!

それはともかく。

赤名修&島田荘司『御手洗潔@星籠の海(せいろのうみ)』第1巻

『御手洗潔@星籠の海(せいろのうみ)』第1巻

(赤名修&島田荘司。講談社。ヤンマガKC。2016年。565円。191ページ)
「私立探偵にして犯罪研究家の御手洗潔(みたらいきよし)は、連絡を受けて石岡和己とともに瀬戸内海の興居島(ごいしま)へと飛ぶ。そこではこの一年で六体もの遺体が流れ着き、島の観光に深刻な損害を与えていた。謎の遺体の出処と、それに秘められた重大な事件とは・・・」



島田荘司氏の人気推理小説・御手洗潔シリーズのひとつをコミカライズしたものです。作画は「勇午」の赤名修氏。
御手洗潔シリーズはこれが最終作でこれだけが実写映画化されています。
瀬戸内海の小島に次々と流れ着いてくる変死体。その謎を解いていく中で、大きな犯罪の姿が浮かび上がっていきます。
これ、なかなか続きが出ないなぁ、と思っていたら、いつの間にか二巻出てましたね。
現代の犯罪に幕末の黒船と戦国時代の鉄船のネタまで絡めてきてて、そういう意味でも面白い。



「星籠の海(上) (講談社文庫)」
「星籠の海(下) (講談社文庫)」
「探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [Blu-ray]」


参照サイト
御手洗潔@星籠の海 ヤンマガ公式
http://yanmaga.jp/contents/seironoumi/
興居島(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%B1%85%E5%B3%B6
鉄甲船 (Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%94%B2%E8%88%B9
福山市(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E5%B8%82

関連記事
兄のように慕っていた台湾人起業家の失踪の謎を追う・・・。真刈信二&赤名修『勇午 YUGO the Negotiator』台湾編 第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1303.html
「勇午」の赤名修が描く仁徳天皇の仁政。『週刊 新マンガ日本史 02 仁徳天皇 古代の聖帝(ひじりのみかど)』(2010年 11/7・2号)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1245.html
隊士たちの生き様がかっこいい新撰組漫画。赤名修『ダンダラ(DAN-DARA)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-854.html
瀬戸内海・三島水軍の伝説的な女性が外の世界を求めて苦悩する・・・。森秀樹『海鶴』全3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-2033.html



「村上海賊の娘(1)」
「魔女にされた女性たち―近世初期ドイツにおける魔女裁判」
「ねいばるインスティテュート (世界の戦艦と海軍史)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる