Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女人禁制の正教会の聖地への訪問記。川又一英『聖山アトス ビザンチンの誘惑』

どうも。どんな話であれ安易にいい話にするのを許さない馬頭です。

それはともかく。

川又一英『聖山アトス ビザンチンの誘惑』

『聖山アトス ビザンチンの誘惑』

(川又一英。新潮社。新潮選書。1989年。780円。185ページ)
第一章 聖なる山へ
第二章 修道士マカリオス
第三章 聖パンテレイモン修道院
第四章 モーセの山
第五章 花の祝祭
あとがき


「イヴァン雷帝 ロシアという謎」の著者で自身も正教徒という美術研究家にして小説家の故・川又一英(かわまたかずひで)氏が書いた正教会の聖山であるアトスへの訪問記みたいのです。

参照サイト
新潮社
http://www.shinchosha.co.jp
アトス山(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%B9%E5%B1%B1
アトス自治修道士共和国(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%B9%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BF%AE%E9%81%93%E5%A3%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
ギリシャ正教(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E6%AD%A3%E6%95%99
川又一英(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%8F%88%E4%B8%80%E8%8B%B1

関連記事
旧ビザンツ帝国領を巡り歴史に想いを馳せる。那谷敏郎『紀行ビザンチン史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-416.html
聖ソフィア大聖堂のモザイクから読み取れるビザンツ史。浅野和生『イスタンブールの大聖堂 モザイク画が語るビザンティン帝国』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-62.html
母乳を飲んでパワーアップ! 13歳の少年が吸いまくる。吉野弘幸&佐藤健悦『聖痕のクェイサー』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/8121862/
あまり知られていない東方キリスト教の歴史について。森安達也『世界宗教史叢書 3 キリスト教史 III』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-391.html



「エーゲ海の修道士―聖山アトスに生きる」
「世界の聖域〈13〉聖山アトス (1981年)」
「シルワンの手記 : 聖山アトスの修道者」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。