Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンギスハンの勇壮な少年時代を描く! 岡田卓也『ホライズン』全3巻

どうも。風呂に入ると爪が切りたくなる馬頭です。

それはともかく。

岡田卓也『ホライズン』第1巻

『ホライズン』第1巻

(岡田卓也。講談社。講談社コミックス。2014年。463円。188ページ)


チンギスハンが主人公のマンガ。作者は「ワニ男爵」の岡田卓也氏。

1173年から始まるので、まだ父親のイェスゲイが生きているテムジンと名乗っていた少年時代の話です。しかし、その言動は子供のものとは思えない感じ。
というか、これ、何かに似てると思ったら「蒼天航路」だ。王欣太風チンギスハン。ふわっとした気宇壮大なことを言いながら人を驚嘆させたりぶっ殺したり。

岡田卓也『ホライズン』第2巻 岡田卓也『ホライズン』第3巻

『ホライズン』第2巻・第3巻

全3巻。3巻で父イエスゲイが死ぬエピソード。史実とは違うけど、もりあがる話になってます。最後の二話のところは3年後の話。
そういやジャムカが思わせぶりに出ておいて結局テムジンと出会わずに終わっててもったいなかったな。もうちょっと続いて欲しかった。

参照サイト
マンガボックス (MangaBox)
https://www.mangabox.me
チンギス・カン(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3
イェスゲイ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%B2%E3%82%A4
ボルテ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%86
ボロクル(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%83%AB
ジャムカ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0%E3%82%AB

関連記事
西村緋禄司&上野義幸『マンガ中国の歴史 チンギス・ハンの世界帝国 元から明へ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1586.html
文字の行き着くところと人の行き着くところ。復讐の結末とは・・・。伊藤悠『シュトヘル(悪霊)』第14巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-2072.html
押し寄せる大軍に立ち向かう! 対馬を舞台に元寇を描く。たかぎ七彦『アンゴルモア 元寇合戦記』第1巻と第2巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1917.html
巨人の手を馬として動力に用いるパラレル世界の革命的発展。駕籠真太郎『超動力蒙古大襲来』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1769.html
チンギスカンの波瀾万丈な生涯を描く日豪合作映画。反町隆史主演『蒼き狼 地果て海尽きるまで』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-630.html



「モンゴル帝国誕生 チンギス・カンの都を掘る (講談社選書メチエ)」
「チンギス・カンとその時代」
「蘭と葵 1 (マーガレットコミックス)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。