Entries

三十年戦争真っ只中のドイツに凄腕の狙撃手の日本人傭兵が仇討ちにやってくる。DOUBLE-S&真刈信二『イサック』第1巻

どうも。床屋で「2センチくらい切ってください」って言ったら、髪の毛を2センチくらいに短く切られてしまった馬頭です。

それはともかく。

DOUBLE-S&真刈信二『イサック』第1巻

『イサック』第1巻

(漫画・DOUBLE-S。原作・真刈信二。講談社。アフタヌーンKC。2017年。600円。213ページ)
「1620年9月。ドイツを荒廃させる三十年戦争の最中、神聖ローマ帝国の一角をなすプファルツ選帝侯領の城・フックスブルクに一人の日本人傭兵がやってきた。彼の名はイサック。精巧な火縄銃を使い、人々を驚愕させる抜群の狙撃を見せる彼は、このヨーロッパに仇討ちのために来たのだと言うのだが・・・」


三十年戦争がはじまったばかりのドイツに、自分の親方を殺した相手を追って日本人がやってきて、凄腕の狙撃手の傭兵として活躍する、という漫画。連載は「アフタヌーン」。原作が「勇午」の真刈信二氏。作画は「死がふたりを分かつまで」のDOUBLE-S氏。

ヨーロッパにまで来た日本人が戦う漫画というわけですが、サムライが日本刀でバッサバッサと・・・みたいな感じではなく、火縄銃で見事な狙撃をしていくことになります。そういうところがなんか新鮮ですね。主人公は「イサック」と言うからには「伊作」か何かでしょうが、1巻ではそこらへんの細かい設定はまだ不明です。
しかし、話の舞台が三十年戦争時代の神聖ローマ帝国というのも珍しい。見せ場の多い凄く面白みのある戦争ですが、これを題材にした漫画はほぼ無いですから、それだけでもありがたいw。
話の筋は、仇討ちのためにヨーロッパまで相手を追ってきたイサックが、プファルツ選帝侯の領土の街で、迫り来るスペイン軍を相手に戦うプファルツ側に傭兵として力を貸すことになります。
1618年に三十年戦争がはじまって、ボヘミアのプロテスタント勢力の後押しでボヘミア王となったプファルツ選帝侯フリードリヒ5世ですが、支援するオランダなどからの補給路の要衝に、スペイン側の連絡路としてのスペイン回廊を遮断する形でイサックらが立て籠もるフックスブルクがあり、孤立するフリードリヒ5世を支援するためにも、戦闘は不可避の状況にあります。
架空の街の設定みたいですが、第一話からあの不遇の名将スピノラ将軍が出てきたりして歴史好きとしては嬉しい限り。もっともいきなり殺しかけててビックリしましたが!(守備側の大将であるフリードリヒ5世の弟ハインリッヒも架空の人物?)
スペイン軍の大軍を相手に、イサックの神技のような狙撃で魅せる戦闘シーンもカッコよく、とても面白いです。今後の展開が楽しみですね。

追記
アキバブログさま、にリンク貼っていただけました! ありがとうございます。
イサック1巻 「時は1620年、神聖ローマ帝国!日本人傭兵、戦場を駆ける!」 アキバブログ
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51550443.html

参照サイト
アフタヌーン公式サイト - モアイ
http://afternoon.moae.jp
原作 真刈信二 漫画 DOUBLE-S『イサック』試し読み
http://www.moae.jp/comic/issak
三十年戦争(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89
プファルツ選帝侯領(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%84%E9%81%B8%E5%B8%9D%E4%BE%AF%E9%A0%98
フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%925%E4%B8%96_(%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%84%E9%81%B8%E5%B8%9D%E4%BE%AF)
アンブロジオ・スピノラ(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%83%A9
銃士(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E5%A3%AB

関連記事
400年前の錬金術師が生み出した智慧の女神に現代の大学生が出会ってしまい・・・。浅生楽『ミネルヴァと智慧の樹 始原(ウロボロス)』 
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1171.html
戦争に翻弄された1人の男の人生。三十年戦争が舞台の古典小説復刊。グリンメルスハウゼン『阿呆物語』全3巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-372.html
『イヴァン雷帝』の著者スクルィンニコフ氏が死去。小説家の中里融司氏も死去
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-112.html
啓蒙時代のメンタリティの源泉を3つのキーワードから探っていく。高橋安光『旅・戦争・サロン 啓蒙思潮の底流と源泉』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-174.html
戦争が変わり社会が変わる。ジェフリ・パーカー『長篠合戦の世界史 ヨーロッパ軍事革命の衝撃 1500~1800年』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-382.html



「ドイツ三十年戦争」
「【新版】 雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り (朝日選書(777))」
「ジャガーになった男 (集英社文庫)」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる