FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石を慕って集まった人々が・・・。寺島らて『或る日、木曜会で』全2巻

どうも。猫大好き侍の馬頭です。

それはともかく。

寺島らて『或る日、木曜会で』第1巻

『或る日、木曜会で』第1巻

(寺島らて。マッグガーデン。マッグガーデンコミックスBeatsシリーズ。2015年。571円。175ページ)


夏目漱石を慕って彼の家に集まった人々のことを描く漫画。

もともと早稲田にあった夏目漱石の家にはいろんな人がやってきていたそうですが、あまりにも来客が多いので木曜だけに限ったということらしい。それが「木曜会」。そんな木曜会に来ていたのは、芥川龍之介や内田百閒や寺田寅彦、小宮豊隆や鈴木三重吉や安倍能成、森田草平や中村吉右衛門などなど、そうそうたるメンバーが揃っていました。
みんな個性的な面白い人物ばかりですが、そんなキャラクターたちがわいわいと変なやりとりをするだけの面白い漫画です。

寺島らて『或る日、木曜会で』第2巻

『或る日、木曜会で』第2巻

(寺島らて。マッグガーデン。マッグガーデンコミックスBeatsシリーズ。2016年。571円。)

全2巻。もっとギスギスしたエピソードとかあるはずだけど、あまりそういうのは感じさせないでほわっとした感じを保ったまま、意外とあっさりと終わってます。


参照サイト
マッグガーデン Beat's
https://comic.mag-garden.co.jp/beats/
木曜会 (夏目漱石) -(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9B%9C%E4%BC%9A_(%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3)
夏目漱石(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%BC%B1%E7%9F%B3

関連記事
漱石が稀代の魔術師とともに怪異な事件に巻き込まれ・・・。星野泰視『メイザース ソロモンの魔術師と明治の文豪』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1936.html
漱石が遺した素晴らしき思い出の数々。ここにしかなかった濃厚な繋がり。香日ゆら『先生と僕 夏目漱石を囲む人々』第4巻(完結)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1419.html
日本文学の文豪たちがした恋愛の悲喜劇。真山知幸監修『恋する文豪 日本文学編』(きゅんきゅんくる!教養 1)
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-1396.html


「先生と僕 ~夏目漱石を囲む人々~ 1 (コミックフラッパー)」
「信長の理望~ん 創造 (SPコミックス)」
「アサシン クリード オリジンズ」



このブログのトップページへ 
デジタル・クワルナフ HPのトップへ  
Twitter(matou_twi)はこちらへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。