Entries

成都へ向けて南へ千八百里。ユルール一行に復讐のためシュトヘルが加わり・・・。伊藤悠『シュトヘル(悪霊)』第2巻

どうも。馬頭です。
昨日、車のナンバープレートが「666」になってるのをみかけました。八王子ナンバーで、「ゆ666」だったかな。まあ、これだけ車があるんだから中にはそういうナンバーもあるんでしょうが、「666」ははじめて見ましたねー。

それはともかく。

シュトヘル(悪霊)第2巻_伊藤悠

『シュトヘル(悪霊)』第2巻
(伊藤悠。小学館。ビッグコミックスピリッツスペシャル。2009年。590円)
「須藤の心を持って蘇ったシュトヘルは、少年ユルールに助けられ、彼から自分の思い出せないこれまでの経緯を聞く。それは西夏の言葉を記した玉音同というものを成都へと届けようとするユルールたちと、復讐を成そうとするシュトヘルの壮絶な物語だったのだ・・・」


『スピリッツ』で連載中の伊藤悠氏による西夏漫画「シュトヘル(悪霊)」の単行本第2巻。
ユルールが南へ向かうところをシュトヘルが狙うのですが、そこで彼がシュトヘルが憎んで止まない仇であるツォグ族のハラバルの弟だと知り、一緒にいれば会うことが可能だとして、ユルールと同行することになります。ユルールが目指すのは南宋の成都。途中、金国の領域を縦断する1800里、ラクダで40日の行程です。
一族からは裏切り者として追われるわ、復讐鬼のシュトヘルにはハラバルを釣る餌にされるわ、同行してくれるイスラム商人のアルファルドは彼を利用してるだけだわで、ろくな旅路にはならないのでしょうが、この段階から作品冒頭のシュトヘルが吊るされるとこまではどうなっていくんでしょうね。それに、須藤が入っているシュトヘル側の話も進展するのかどうか。
とりあえず、この巻では、とある関門を抜ける話で、モンゴル軍の残忍なベクテル将軍との戦いになります。


参照サイト
小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ~SPINET-
http://spi-net.jp/
西夏史への招待
http://homepage2.nifty.com/seika-shi/
むとうすブログ
http://samayoi-bito.cocolog-nifty.com/mutous/
シュトヘル 2(むとうすブログ)
http://samayoi-bito.cocolog-nifty.com/mutous/2009/11/2-8d0f.html
インターネット西夏学会
http://www3.aa.tufs.ac.jp/~mnaka/tangutindex.htm
西夏(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%A4%8F
タングート(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%88
西夏文字(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%A4%8F%E6%96%87%E5%AD%97

関連記事
西夏国滅亡が迫る中、悪霊と呼ばれた女戦士が蘇る・・・。伊藤悠『シュトヘル(悪霊)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-6.html
目録を狙う裏切り者からの逃避行と壮絶な戦い。伊藤悠『面影丸(おもかげまる)』
http://xwablog.exblog.jp/7913657
北ユーラシアの騎馬民族の習俗とその関連性について・・・。護雅夫『遊牧騎馬民族国家』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-246.html



「疾駆する草原の征服者―遼 西夏 金 元 中国の歴史 8」。杉山正明著。
「ことばと国家」。田中克彦著。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる