Entries

赤坂城から逃げ延びた正成と長門。彼らが打つ次の手とは・・・。沢田ひろふみ『山賊王』第7巻

あー、休み欲しい・・・・
今月は休みがいつもの半分しかないので辛いです。

山賊王』第7巻_沢田ひろふみ

『山賊王』第7巻

(沢田ひろふみ。講談社。月マガKC。2005年。390円)
「赤坂城で籠城する楠木正成を包囲する10万の幕府軍。しかし、楠木正成たち千人の籠城軍はまんまとこの包囲を脱出することに成功する。樹長門や正成たちは農夫のようなことをして野に潜み、楠木党の面々も各地に散った。だが、正成には次の一手を打つための秘策があり・・・」


鎌倉時代末期の混乱の時代に活躍した河内の武将・楠木正成と、彼のもとにあり、北条高時への復讐を誓う青年・樹長門、そして不思議な運命に導かれた星型の痣を持つ者たちの戦いを描く作品。作者は源義経の漫画『遮那王 義経』もやってる沢田ひろふみ氏。
「遮那王」に比べるとちょっと勢いがオチますが、ありそうであまりない楠木正成とか南北朝前の時代を描いた漫画というのが嬉しい。


参照サイト
マガジンイーノ
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/news_detail.php/04778/692
楠木正成(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E6%AD%A3%E6%88%90

関連記事
ワールシュタットの戦いのシーンがちょっとある。さいとうたかを『コミック北条時宗』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9690641
蒙古の脅威をひしひしと感じる時頼。さいとうたかを&高橋克彦『コミック北条時宗』2巻から4巻
http://xwablog.exblog.jp/10439961
あの鬼姫が和泉式部に聞きたいこととは・・・? かかし朝浩『暴れん坊少納言 IV』(第4巻)
http://xwablog.exblog.jp/10434125


最新巻はもう12巻が出ちゃってるみたいですね。
もともとは「マガジングレート」に掲載されていた作品ですが、グレートが無くなって「マガジンイーノ」になる時に、そっちに移るかどうかはまだわかりません。
今は「遮那王」の方が新タイトルになってから順調に出てますし、そっちに重点置くとか?



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる