Entries

教会から追われる遍歴医師バズの活躍を描く。内水融『アスクレピオス』全3巻

馬頭です。たぶん。
かれこれ半年以上前から続いている脇腹の痛みが、最近強くなってきました。まあ、強くとはいっても、ほんとたいした事ないレベルですが。前に医者に診せたときには、よくわからないから痛みが強くなったらまた来るように、と言われてたので、もう一度行こうか考え中。ほんとに何なんでしょうね、これ。

それはともかく。

『アスクレピオス』第1巻 切り裂き魔

『アスクレピオス』第1巻 切り裂き魔

(内水融。集英社。ジャンプコミックス。2009年。400円。192ページ。)
「何百年か前のヨーロッパ。路傍で薬売りをしている少年バズは、倒れた男を町中で救うが、そこから慌てて逃げ出してしまう。彼は、『切り裂き魔アスクレピオス』という名で教会から異端者として追われる人物だったのだ。彼の一族・メディル家は、古代より遍歴医師として外科技術で人々を救ってきたが、それは教会にとっては許されざる行為であり・・・」


「週刊少年ジャンプ」で連載されていた疑似ヨーロッパが舞台の医療ネタの漫画。作者は内水融(うちみずとおる)。
古代から続く遍歴医師の家系・メディル家の子供バズは、教会からの迫害を受けながらも、治療を続け、人々を救うことに喜びを見出していく、という話。彼の旅にはやはり代々メディル家に仕えてきたテレスフォス家の少女ロザリィが、助手兼従者兼護衛として付き従います。
教会は「聖騎士」という異端者たちを取り締まる人間を派遣して、バズたちを追ってきます。彼らは、バズたちの持つ、救った人間たちの血によって署名される「血命録」というのを狙っているようです。バズは、医療に対する誤解とも戦いながら、高度が技術や驚きの発想によって、治療を成功させていくことに。

中世風近世ヨーロッパに舞台を設定していますが、実際にはファンタジー的ななんちゃってヨーロッパです。
すでに「解剖医ハンター」を読んじゃった後だと、かなり残念な作品にも見えますが、少年漫画としては面白いかと。
ちなみに「アスクレピオス」とは、ギリシャ神話の医神。ケイローンに育てられた名医で死者を蘇らしちゃって殺されたという・・・
全三巻。


参照サイト
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com
http://www.shonenjump.com/j/index.html
アスクレーピオス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%94%E3%82%AA%E3%82%B9

関連記事
18世紀イギリスに実在した異端の医師。原作/吉川良太郎・作画/黒釜ナオ『解剖医ハンター(BAROQUE ANATOMYD)』第1巻
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-263.html
中世の人の世界観が影響した治療。ハインリッヒ・シッパーゲス『中世の医学 治療と養生の文化史』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-70.html
多数派でない者は枠からはずれ、人の感情を害する。白水社『中世のアウトサイダーたち』
http://xwablog.exblog.jp/8181408



「医神アスクレピオス―生と死をめぐる神話の旅」。
「解剖医ハンター」第1巻。18世紀後半のイギリスの先駆的外科医の話。良作。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる