Entries

教祖が教祖なら弟子も弟子だ! 中村光『聖☆おにいさん』第5巻

今日は早朝に自転車で少し走ったんですが、空が白み始める青黒いから青白いまでの間というのは人がいなくて不思議な雰囲気で、ひやりとした風も気持ちいい。この時間は大変心地良い時間帯で、このとき走るというのは爽快な気分ですね。あとは、これで残業帰りじゃなければ最高だったんですが。

それはともかく。

聖☆おにいさん第5巻_中村光

『聖(セイント)☆おにいさん』第5巻
(中村光。講談社。モーニングKC。2010年。552円)
「イエスとともに立川で休暇を送るブッダのもとに、愛弟子アナンダが訪れる。アナンダのおかげで生活費に余裕の出たブッダたちは、彼を東京見物へと連れていくことになった。だが、東京タワーに来た彼らは、大きな勘違いをしていることに気付くのだが・・・」


本当に現代に降り立った救世主たちの日常を描くコメディ「聖☆おにいさん」の第5巻です。作者は『荒川アンダーザブリッジ』のアニメが放映中の中村光氏。連載は「モーニングツー」。
今回はなんかお弟子さんやら天使たちの登場する話が多かったです。もちろん、どいつもこいつもとんでもないことをカマしてくれますよ。
イエスとブッダも、東京タワー行ったり、自転車買ったり、消防団入ったり、闇鍋やったり、渋谷で買い物したり、下界を満喫・・・してる? たぶん。


参照サイト
中村光オフィシャルウェブサイト
http://www.nakamurahikaru.com/
モーニング2
http://www.e-1day.jp/morning2/magazine/

関連記事
ブッダとイエスが現代日本の立川にやってきた。中村光『聖☆おにいさん』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9253802/
キリスト教の教えとはこんな感じだよと綴った本。桑田秀延『キリスト教の人生論 神と人との出会い』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-247.html
こんなに下界に慣れ親しんだ救世主見た事無い! 中村光『聖☆おにいさん』第2巻
http://xwablog.exblog.jp/9253975
世界の終末の幻想に翻弄された人々。ジャン・ポール・クレベール『ミレニアムの歴史 ヨーロッパにおける終末のイメージ』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-454.html



「荒川アンダーザ ブリッジ 10」。
「バガボンド(33)」。先日出た最新巻です。



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる