Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪を食べてしまう不思議な少年が三国志の時代を彷徨う・・・。志水アキ『怪力乱神クワン』第1巻から4巻

どうも。馬頭です。
そういやwin機のPCが壊れたせいで、Yahoo!コミックのコミックヒストリアが見れないです。「ダンスマカブル」の最新話は、エリザベート・バートリだというのに!

それはともかく。

志水アキ『怪力乱神クワン』第1巻

『怪・力・乱・神クワン』第1巻

(志水アキ。メディアファクトリー。MFコミックスフラッパーシリーズ。2003年。514円。181ページ)
「西暦167年の中国。放浪の薬売り・智恵(ちけい)は、山中の廟の前で謎の生き物・帝江と、不思議な少年・クワンと出会う。妖怪を喰らうクワンを利用して智恵は金儲けを考えるが、汝南で少女の道士・ダキと出会う。彼女の義父・遊糸は、クワンたちに眼をつけて手を出してくるのだが・・・」


この前、「異郷の草 三国志連作集」を読んだ志水アキ氏の三国志ものの伝奇作品。妖怪を喰らう少年とその謎を巡り、虫の妖怪たちや仙人、そして三国志の登場人物たちが活躍する漫画です。
クワンを利用しようとする智恵とともに行く道中記みたいのかと思ったら、記憶喪失みたいなクワンの探求の物語、というか迷走の物語って感じでしょうか。虫の妖怪たちに育てられた人間で、虫を操る少女・ダキと、敵対してるようなしてないような感じで絡みつつ、宮中にあるという太平清領書を手に入れようとしたりします。この過程で、阿瞞=曹操と関わるようにもなります。クワンには何か世界の存亡に関わるような秘密があるみたいですが、本人は何もわかってなくて、周りのひとたちもそれに翻弄されていきます。そして混乱した中国の歴史にもそれは関わっていくようです。
4巻まで読みましたが、女仙の奢莪さんが存在感を増していい感じになってきますね。物語はまだまだ謎だらけ。時代も曹操が青年になるくらいにまで進みます。
現在7巻まで出てます。4巻の巻末には、「異郷の草」に収録されてた黄忠と鍾会の話の二編が入っていました。

参照サイト
ヒゲズシ日記(志水アキ)
http://shimz.blog55.fc2.com/
コミックフラッパー.com オフィシャルサイト
http://www.comic-flapper.com/
中国神話(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E8%A9%B1

関連記事
マイナーキャラが主役のセンスの良い短編が五本入った一冊。志水アキ『異郷の草 三国志連作集』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-455.html
ぐいぐい引き込む漫画力。呪術的観点からの『三国志』という驚異。大西巷一『女?(じょか)JOKER』
http://xwablog.exblog.jp/7720530
小さくなってしまった大鬼・ガゴゼ。アントンシク『ガゴゼ GAGOZE』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/7506455
孔子が周王朝時代の霊廟で拾った少年・赤は・・・。諸星大二郎『孔子暗黒伝』
http://xwablog.blog20.fc2.com/blog-entry-200.html



「JOKER 2」大西巷一著。
「西遊奇伝・大猿王 2」寺田克也著。まさか2巻が出るとは!



デジタル・クワルナフ サイト・トップへ     →web拍手・コメントはこちらへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

管理人・馬頭

Author:管理人・馬頭
世界史系サイト「デジタル・クワルナフ」の管理人。ロシア・東欧史が大好物。馬。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。